Category Archives: poem

萩原朔太郎

ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し せめては新しき背廣をきて きままなる旅にいでてみん。 汽車が山道をゆくとき みづいろの窓によりかかりて われひとりうれしきことをおもはむ 五月の朝のしののめ うら若草のもえいづる心まかせに。

Posted in poem | 5 Comments

足利義政

今日はまづ思ふばかりの色みせて心の奧をいひはつくさじ 憂き世ぞとなべて云へども治めえぬ我が身ひとつに猶嘆くかな 置きまよふ野原の露にみだれあひて尾花が袖も萩が花摺り わが庵は月待山のふもとにてかたむく月のかげをしぞ思ふ 見し花の色を残して白妙の衣うつなり夕がほのやど さやかなる影はそのよの形見かはよしただくもれ袖の上の月 今日はまた咲き残りけり古里のあすか盛りの秋萩の花 わが思ひ神さぶるまでつつみこしそのかひなくて老いにけるかな 今日はまづ思ふばかりの色みせて心の奧をいひはつくさじ 春来ぬとふりさけみれば天の原あかねさし出づる光かすめり こぎわかれゆけばかなしき志賀の浦やわが古郷にあらぬ都も つらきかな曽我の河原にかるかやの束の間もなく思ひみだれて

Posted in poem | 1 Comment

藤原実方, 足利義政

かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな もゆるおもひを  (藤原実方) かくとだに まづゐゝよらん 傳もがな こゝろの底に むせぶおもひを  (足利義政) おもひのみ ますだの池の つゝみかね こゝろの水ぞ 袖にながるゝ (足利義政)

Posted in poem | 2 Comments

石牟礼道子

     花を奉る 石牟礼道子          春風萌すといえども われら人類の劫塵いまや累なりて 三界いわん方なく昏し まなこを沈めてわずかに日々を忍ぶに なにに誘わるるにや 虚空はるかに 一連の花 まさに咲かんとするを聴く ひとひらの花弁 彼方に身じろぐを まぼろしの如くに視れば 常世なる仄明かりを 花その懐に抱けり 常世の仄明かりとは あかつきの蓮沼にゆるる蕾のごとくして 世々の悲願をあらわせり かの一輪を拝受して 寄る辺なき今日の魂に奉らんとす 花や何 ひとそれぞれの 涙のしずくに洗われて咲きいずるなり 花やまた何 亡き人を偲ぶよすがを探さんとするに 声に出せぬ胸底の想いあり そをとりて花となし み灯りにせんとや願う 灯らんとして消ゆる言の葉といえども いずれ冥途の風の中にて おのおのひとりゆくときの 花あかりなるを この世のえにしといい 無縁ともいう その境界にありて ただ夢のごとくなるも 花 かえりみれば まなうらにあるものたちの御形 かりそめの姿なれども おろそかならず ゆえにわれら この空しきを礼拝す 然して空しとは云わず 現世はいよいよ地獄とやいわん 虚無とやいわん ただ滅亡の世せまるを待つのみか ここにおいて われらなお 地上にひらく 一輪の花の力を念じて合掌す

Posted in poem | 2 Comments

大高ひさお

涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ ここは地の果て アルジェリア どうせカスバの 夜に咲く 酒場の女の うす情け あなたも私も 買われた命 恋してみたとて 一夜の火花 明日はチュニスか モロッコか 泣いて手をふる うしろ影 外人部隊の 白い服

Posted in poem | 2 Comments

浅草燈籠会

私はあなたの充電器 あなたは私の乳酸菌

Posted in poem | 2 Comments

中島みゆき

何かの足しにもなれずに生きて 何にもなれずに消えて行く 僕がいることを喜ぶ人が どこかにいてほしい 石よ樹よ水よ ささやかな者たちよ 僕と生きてくれ たやすく涙を流せるならば たやすく痛みもわかるだろう けれども人には 笑顔のままで泣いてる時もある 石よ樹よ水よ 僕よりも 誰も傷つけぬ者たちよ

Posted in poem | 1 Comment

坂本冬美, 中島みゆき

Posted in poem | 2 Comments

Sam Levenson

For attractive lips, speak words of kindness. For lovely eyes, seek out the good in people. For a slim figure, share your food with the hungry. For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day. For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone.

Posted in poem | 1 Comment

堀口大学

そして今、こころに生きる ふる里越は北国・・・。 北国の弥生は四月、そして今 四月になって、梅桜桃李 あとさきのけじめもなしに 時を得て、咲きかおり・・・。 そして今、遠山まみに霞たち 蒲原の広野の果ての国つ神 弥彦山、むらさき裾濃 神さびまして鎮もれば・・・。 そして今、信濃川 雪解水集めて百里 嵩まさり 西ひがし岸べをひたし 滔々と濁水はこぶ 逆巻いて そして今、こころに生きる ふる里の越の四月・・・。

Posted in poem | 1 Comment

式子内親王

たのむかなまだ見ぬ人の思ひ寝のほのかに慣るる宵々の夢 忘れてはうち嘆かるる夕べかな我のみ知りて過ぐる月日を あはれとも言はざらめやと思ひつつ我のみ知りし世を恋ふるかな しるべせよ跡なき波に漕ぐ舟のゆくへも知らぬ八重の潮風 夢にても見ゆらむものを嘆きつつうちぬる宵の袖のけしきは 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする

Posted in poem | Leave a comment

Langston Hughes

The instructor said, Go home and write a page tonight. And let that page come out of you— Then, it will be true. I wonder if it’s that simple? I am twenty-two, colored, born in Winston-Salem. I went to school there, then Durham, then here to this college on the hill above Harlem. I am the only colored student in my class. ** It’s not easy to know what is true for you or me at twenty-two, my age. But I guess I’m what I feel and see and hear, Harlem, I hear you: hear you, hear me—we two—you, me, talk on this page. (I hear New York, too.) Me—who? … Continue reading

Posted in poem | 1 Comment

Freddie Mercury

I was born to love you with every single beat of my heart Yes, I was born to take care of you, every single day I was born to love you with every single beat of my heart Yes, I was born to take care of you every single day of my life You are the one for me, I am the man for you You were made for me, you’re my ecstasy If I was given every opportunity I’d kill for your love So take a chance with me, let me romance with you I’m caught in a dream and my dream’s come true So hard to believe this … Continue reading

Posted in poem | 5 Comments

寺山修司

なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな 海です

Posted in poem | 1 Comment

Michael Wood

I have seen it over and over, the same sea, the same, slightly, indifferently swinging above the stones, icily free above the stones, above the stones and then the world. If you should dip your hand in, your wrist would ache immediately, your bones would begin to ache and your hand would burn as if the water were a transmutation of fire that feeds on stones and burns with a dark gray flame. If you tasted it, it would first taste bitter, then briny, then surely burn your tongue. It is like what we imagine knowledge to be: dark, salt, clear, moving, utterly free, drawn from the cold hard mouth … Continue reading

Posted in poem | 2 Comments

石牟礼道子

崖の下に 野ざらしになっていた これはなつかしい わたくしさまの しゃれこうべ ふたつのまなこの 穴ぼこと 口のしるしの 穴ぼこと Under the cliff, weatherbeaten is my dear long-lost skull with two holes for eyes and evidence of a hole for the mouth 花が天から 音のミキサァにかかって 幽かに 匂います Flowers in the air among the sound of mixers give off a faint fragrance 空にはジドウシャの音がいっぱい ブルドーザァの音がいっぱい 鉄の爪で吊りあげる匂いが 胸苦しい 無数の首たちの いまわの声は 聞きとれなかった 首たちも爆発してしまったから The sky is filled with the sound of cars and the sound of bulldozers The smell of suspended iron claws suffocate me I couldn’t catch the last remaining voice of the countless heads Because the heads were blown to smithereens 聞こえない風の中を 赤んぼたちの ほぞの緒が ゆらゆら降りてくる The bellybutton ties of babies flutter in the indecipherable wind 天が下の 大静寂 迦陵頻伽の喉が からから です なにか飲みものは ないかしら ありました ありました … Continue reading

Posted in poem | 3 Comments

Евгений Евтушенко

Людей неинтересных в мире нет. Их судьбы—как истории планет. У каждой всё особое, свое, и нет планет, похожих на нее. А если кто-то незаметно жил и с этой незаметностью дружил, он интересен был среди людей самой неинтерестностью своей. У каждого—свой тайный личный мир. Есть в мире этом самый лучший миг. Есть в мире этом самый страшный час, но это всё неведомо для нас. И если умирает человек, с ним умирает первый его снег, и первый поцелуй, и первый бой… Всё это забирает он с собой. Да, остаются книги и мосты, машины и художников холсты, да, многому остаться суждено, но что-то ведь уходит всё равно. Таков закон безжалостной игры. Не люди … Continue reading

Posted in poem | 4 Comments

寺山修司

地球儀を見ながら私は「偉大な思想などにはならなくともいいから、偉大な質問になりたい」と思っていたのである。 人生はただ一問の質問にすぎぬと書けば二月のかもめ

Posted in poem | 1 Comment

寺山修司

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり

Posted in poem | 1 Comment

茨木のり子

もはや できあいの思想には倚りかかりたくない もはや できあいの宗教には倚りかかりたくない もはや できあいの学問には倚りかかりたくない もはや いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい じぶんの耳目 じぶんの二本足のみで立っていて なに不都合のことやある 倚りかかるとすれば それは 椅子の背もたれだけ

Posted in poem | 7 Comments

湯浅ちひろ

世界は私とそれ以外でできている 皮膚 私とそれ以外の境界線であった 内側にあるはずの精神は外側に逃げていった 勝手に迷い込んだ 身体と脳 ハードウェアとソフトウェア あるものとないもの あるはずのものはなかった ないはずのものがある 取り除いてみたら、それ以外が残った 宇宙の作り方 ダークマターとそれ以外 私が死んだら世界が死んだ それでも、世界は私とそれ以外でできていた

Posted in poem | 4 Comments

Khalīl Gibrān

Love one another, but make not a bond of love: Let it rather be a moving sea between the shores of your souls. Fill each other’s cup but drink not from one cup. Give one another of your bread but eat not from the same loaf Sing and dance together and be joyous, but let each one of you be alone, Even as the strings of a lute are alone though they quiver with the same music. Give your hearts, but not into each other’s keeping. For only the hand of Life can contain your hearts. And stand together yet not too near together: For the pillars of the temple … Continue reading

Posted in poem | 4 Comments

吉野弘

生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい 花も めしべとおしべが揃っているだけでは 不充分で 虫や風が訪れて めしべとおしべを仲立ちする 生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ 世界は多分 他者の総和 しかし 互いに 欠如を満たすなどとは 知りもせず 知らされもせず ばらまかれている者同士 無関心でいられる間柄 ときに うとましく思うことさえも許されている間柄 そのように 世界がゆるやかに構成されているのは なぜ? 花が咲いている すぐ近くまで 虻の姿をした他者が 光をまとって飛んできている 私も あるとき 誰かのための虻だったろう あなたも あるとき 私のための風だったかもしれない

Posted in poem | 2 Comments

Paul Eluard

Sur mes cahiers d’écolier Sur mon pupitre et les arbres Sur le sable de neige J’écris ton nom … Et par le pouvoir d’un mot Je recommence ma vie Je suis né pour te connaître Pour te nommer

Posted in poem | 1 Comment

Charles Baudelaire

A une passante   La rue assourdissante autour de moi hurlait. Longue, mince, en grand deuil, douleur majestueuse, Une femme passa, d’une main fastueuse Soulevant, balançant le feston et l’ourlet ;   Agile et noble, avec sa jambe de statue. Moi, je buvais, crispé comme un extravagant, Dans son oeil, ciel livide où germe l’ouragan, La douceur qui fascine et le plaisir qui tue.   Un éclair… puis la nuit ! – Fugitive beauté Dont le regard m’a fait soudainement renaître, Ne te verrai-je plus que dans l’éternité ?   Ailleurs, bien loin d’ici ! trop tard ! jamais peut-être ! Car j’ignore où tu fuis, tu ne sais où … Continue reading

Posted in love, poem | 2 Comments

Melanie Safka

Posted in poem | 4 Comments

茨木のり子

わたしが一番きれいだったとき わたしの国は戦争で負けた わたしが一番きれいだったとき わたしはとてもふしあわせ わたしはとてもとんちんかん わたしはめっぽうさびしかった

Posted in poem | 2 Comments

坂村真民

一木のある限り 一草のある限り 宇宙のいのちは そこに注がれ 愛には 終わりがない

Posted in poem | 3 Comments

William Blake

In seed time learn, in harvest teach, in winter enjoy. Drive your cart and your plow over the bones of the dead. The road of excess leads to the palace of wisdom. Prudence is a rich ugly old maid courted by Incapacity. He who desires but acts not, breeds pestilence. The cut worm forgives the plow. Dip him in the river who loves water. A fool sees not the same tree that a wise man sees. He whose face gives no light, shall never become a star. Eternity is in love with the productions of time. The busy bee has no time for sorrow. The hours of folly are measur’d … Continue reading

Posted in poem | 1 Comment

笠女郎

わが屋戸の夕影草の白露の消ぬがにもとな念ほゆるかも

Posted in poem | 2 Comments

Nancy Wood

Today is a very good day to die. Every living thing is in harmony with me. Every voice sings a chorus within me. All beauty has come to rest in my eyes. All bad thoughts have departed from me. Today is a very good day to die. My land is peaceful around me. My fields have been turned for the last time. My house is filled with laughter. My children have come home. Yes, today is a very good day to die.

Posted in poem | 1 Comment

川崎洋

向きあうもの として は 海 これまで 信じなかったもの と 不意に回路がつながる ことが あるやも知れぬ 海 海と 思いつづけることが ぼくにとっての 海 だ 両頬に戸をたてられて 海だけを見ている馬 だが 夢に 海が流れ入る ことは ない たぶん 水面の高さが同じだからだろう 死ぬまぎわ 思い浮かべるものは 非常に 海に近いものに違いない

Posted in poem | 3 Comments

茨木のり子

車がない ワープロがない ビデオデッキがない ファックスがない パソコン インターネット 見たこともない けれど格別支障もない    そんなに情報集めてどうするの    そんなに急いで何をするの    頭はからっぽのまま すぐに古びるがらくたは 我が山門に入るを許さず     (山門だって 木戸しかないのに) はたから見れば嘲笑の時代おくれ けれど進んで選び取った時代おくれ          もっともっと遅れたい 電話ひとつだって おそるべき文明の利器で ありがたがっているうちに 盗聴も自由とか 便利なものはたいてい不快な副作用をともなう 川のまんなかに小舟を浮かべ 江戸時代のように密談しなければならない日がくるのかも 旧式の黒いダイヤルを ゆっくり廻していると 相手は出ない むなしく呼び出し音の鳴るあいだ ふっと 行ったこともない シッキムやブータンの子らの 襟足の匂いが風に乗って漂ってくる どてらのような民族衣装 陽なたくさい枯草の匂い 何が起ころうと生き残れるのはあなたたち まっとうとも思わずに まっとうに生きているひとびとよ

Posted in poem | 6 Comments

Madisen Kuhn

who are you, really?   you are not a name or a height, or a weight or a gender you are not an age and you are not where you are from   you are your favorite books and the songs stuck in your head you are your thoughts and what you eat for breakfast on saturday mornings   you are a thousand things but everyone chooses to see the million things you are not   you are not where you are from you are where you’re going and i’d like to go there too

Posted in poem | 2 Comments

一休宗純, 富士正晴

森公乗輿   鸞輿盲女屡春遊   鬱鬱胸襟好慰愁   遮莫衆生之軽賤   愛看森也美風流   美しい車にのって 盲女しばしば春遊び 鬱したる気分にはいい 愁いが慰む どうでもいいよ 人々が下にみるとも わが愛し看る森よ はんなりしてるよ 美人陰有水仙花香   楚台応望更応攀   半夜玉床愁夢顔   花綻一茎梅樹下   凌波仙子遶腰間   女体視るべし のぼるべし 夜半のベッド 人恋し気な顔がある 花はほころぶ一茎 梅樹の下に 水仙は腰の間をめぐるなり 九月朔森侍者借紙衣村僧禦寒。 瀟洒可愛。作偈言之。   良霄風月乱心頭   何奈相思身上秋   秋霧朝雲独瀟洒   野僧紙袖也風流         ああええなあ むらむらするわ どないしよう 思い合うてる仲じゃけど なんとまあ おまえばかりが瀟洒じゃな わしの紙衣も 見栄えがしたわ あほらしくてこんな風に反訳するより仕方がない。良霄風月も、 秋霧朝雲も、つまりは森へのほめ言葉にすぎぬ。

Posted in poem | 5 Comments

Анна Ахматова

После ветра и мороза было Любо мне погреться у огня. Там за сердцем я не уследила, И его украли у меня.   Новогодний праздник длится пышно, Влажны стебли новогодних роз, А в груди моей уже не слышно Трепетания стрекоз.   Ах! не трудно угадать мне вора, Я его узнала по глазам. Только страшно так, что скоро, скоро Он вернет свою добычу сам.

Posted in poem | 1 Comment

井上靖

   

Posted in poem | 3 Comments

ανεμώλια, Οδυσσέας Ελύτης

Ό,τι αγαπώ γεννιέται αδιάκοπα. Ό,τι αγαπώ βρίσκεται στην αρχή του πάντα. Οδυσσέας Ελύτης

Posted in poem | 4 Comments

ανεμώλια, Γιώργος Σαραντάρης

Η καρδιά μας είναι ένα κύμα που δεν σπάει στην ακρογιαλιά. Ποιος μαντεύει τη θάλασσα, απ’ όπου βγαίνει η καρδιά μας; Αλλά είναι η καρδιά μας ένα κύμα μυστικό, χωρίς αφρό. Βουβά πιάνει μια στεριά. Και αθόρυβα σκαλίζει το ανάγλυφο ενός πόθου, που δεν ξέρει απογοήτευση και αγνοεί την ησυχία.   Γ. Σαραντάρης

Posted in poem | 2 Comments

Aniri

          Пусть в окошко постучится в полночь добрый Новый год всем мечтам поможет сбыться Счастье, радость принесёт!

Posted in poem | Leave a comment

管啓次郎

水はどこまでめぐるのだろう、水はいつまであるのだろう。そもそも、いつどうして、地球には水ができたのか。なんの答えも知らぬまま、水をたどっていつも歩いている、走っている。流れる水のかたわらで、ぼくの体にも水が流れている。

Posted in poem | 1 Comment

紫式部, 土佐光吉, 千野香織

「朧月夜に似るものぞなき」と、うち誦じて、こなたざまには来るものか。いとうれしくて、ふと袖をとらへ給ふ。女、「あな、むくつけ。こは誰そ」とのたまへど、「何かうとましき」とて、 深き夜のあはれを知るも入る月のおぼろげならぬ契りとぞ思ふ 以上のように見てくると、「花宴」を表す一枚のこの絵は、複数の時点、複数の場面からモチーフを寄せ集め、それらをバランスよく一つの構図のうちにまとめて、創り上げられたものだということがわかるであろう。この絵は、確かに一見すると、二人が恋に落ちる直前の瞬間をあざやかに切り取ってみせたかのような印象を与える。しかし、そのように見えてしまうのは、絵師の創意工夫がまさしく成功しているためであって、一つ一つのモチーフの意味を詳しく検討していくと、この小さな画面のなかに、時間の相が複雑に入り組んでいることが理解されるのである。

Posted in poem | 2 Comments

王翰

葡萄美酒夜光杯 欲飲琵琶馬上催 酔臥沙場君莫笑 古来征戦幾人回

Posted in poem | 2 Comments

Владимир Маяковский

Для веселия         планета наша                 мало оборудована. Надо         вырвать                 радость                         у грядущих дней. В этой жизни                 помереть                         не трудно. Сделать жизнь                 значительно трудней.

Posted in poem | 2 Comments

Rainer Maria Rilke

Sein Blick ist von Vorübergehen der Stäbe so müd geworden, daß er nichts mehr hält. Ihm ist, als ob es tausend Stäbe gäbe und hinter tausend Stäben keine Welt. Der weiche Gang geschmeidig starker Schritte, der sich im allerkleinsten Kreise dreht, ist wie ein Tanz von Kraft um eine Mitte, in der betäubt ein großer Wille steht. Nur manchmal schiebt der Vorhang der Pupille sich lautlos auf—. Dann geht ein Bild hinein, geht durch der Glieder angespannte Stille— und hört im Herzen auf zu sein.

Posted in poem | 3 Comments

James McNeill Whistler

As music is the poetry of sound, so is painting the poetry of sight, and the subject matter has nothing to do with harmony of sound or of color.

Posted in poem | 2 Comments

紅碧

空気のような存在でいたいとあの人は言う きみがいないと生きていけない という言葉の代わりに 彼はそんなことをいう

Posted in poem | 1 Comment

Johann Wolfgang von Goethe

Und zuletzt, des Lichts begierig, Bist du, Schmetterling, verbrannt. Und solang du das nicht hast, Dieses: “Stirb und werde!” Bist du nur ein trüber Gast Auf der dunklen Erde.

Posted in poem | 3 Comments

谷川俊太郎

誰にでも自分に必要な言葉ってのがあると思う。でもそれが前もって分かってる訳じゃない。その言葉に接して初めて、ああこういう言葉を自分は欲していたんだと知る。必要な言葉はアタマやココロだけでなく、カラダの奥にまで入ってくる、いわゆる〈腑に落ちる〉んだ。 このごろ、小説の言葉がぼくには不要になりつつある。面白いけどいまこういう言葉は自分に必要じゃないと感じてしまう。年取って人生の基本が腑に落ちてくると、細部がどうでもよくなってくるのかもしれない。詩の言葉はいまだに不要じゃないようだ。これは自分でも書いてるから。

Posted in poem | 1 Comment

思潮社

【特集Ⅱ】石牟礼道子を読む ◎シンポジウム 渡辺京二+伊藤比呂美+谷口絹枝+ジェフリー・アングルス 「石牟礼文学の多面性――いま石牟礼道子を読む」 ◎『祖さまの草の邑』を読む 井坂洋子、季村敏夫、姜信子、上田眞木子 灯らんとして消ゆる言の葉といえども いずれ冥途の風の中にて おのおのひとりゆくときの花あかり ただ滅亡の世せまるを待つのみか ここにおいて われらなお 地上にひらく 一輪の花の力を念じて合掌す

Posted in poem | 1 Comment

石牟礼道子

ああ このような雪夜じゃれば ひょっとして ここらあたりの原っぱの 赤いひがん花の 花あかりのもとで 身づくろいしておった あの しろい狐御前の子に また生まれ替わるのかもしれん いまはまだ けやきの大樹の根元にいて 天の梢から降ってくる雪にうたれながら みえない繊い糸を くわえ くわえ うなじを反らしているばかり 手も無か 足も 無か 目も無か めめんちょろの 野蚕さんになっておって 這うて漂浪くのが 役目で ございます

Posted in poem | 4 Comments

足利義政

つらきかな 曽我の河原に かる草の つかのまもなく 思ひみだれて 春来ぬと ふりさけみれば 天の原 あかねさし出づる 光かすめり 置きまよふ 野原の露に みだれあひて 尾花が袖も 萩が花摺り 今日はまた 咲き残りけり 古里の あすか盛りの 秋萩の花 見し花の 色を残して 白妙の 衣うつなり 夕がほのやど 今日はまづ 思ふばかりの 色みせて 心の奧を いひはつくさじ さやかなる 影はそのよの 形見かは よしただくもれ 袖の上の月 こぎわかれ ゆけばかなしき 志賀の浦や わが古郷に あらぬ都も わが思ひ 神さぶるまで つつみこし そのかひなくて 老いにけるかな

Posted in poem | 1 Comment

古今和歌集, 新古今和歌集

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜はの月影 忘れじと いひしばかりの 名残とて その夜の月は めぐり来にけり 思ひ出では 同じ空とは 月を見よ ほどは雲居に めくり逢ふまで 浅みどり 花もひとつに 霞みつる おぼろに見ゆる 春の夜の月 照る月も 雲のよそにぞ ゆきめぐる 花ぞこの世の 光なりける むかし見し 雲居をめぐる 秋の月 いま幾歳か 袖に宿さむ いくめぐり 空行く月も へだてきぬ 契りしなかは よその浮雲 花散りし 庭の木の間も 茂りあひて 天照る月の 影ぞまれなる 月を見て 心うかれし いにしへの 秋にもさらに めぐりあひぬる めぐり逢はむ 限りはいつと 知らねども 月な隔てそ よその浮雲 雲晴れて むなしき空に 澄みながら 憂き世の中を めぐる月かな 思ひきや 別れし秋に めぐり逢ひて またもこの世の 月を見むとは 月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

Posted in poem | 1 Comment

イチハラ ヒロコ

だまされたと 思って すきになって みたら、 やっぱり だまされた。    

Posted in poem | 1 Comment

寺山修司

さよならだけが人生ならば またくる春はなんだろう もしも愛がすべてなら、愛しいお金はなんになる 一つのことを信じることは べつのことを裏切るということだ 教育は与えるものではなく 受け取るものである 私は水に書く詩人である 私は水に愛を書く ふりむくな ふりむくな うしろには夢がない

Posted in poem | 1 Comment

Rudyard Kipling

Oh, East is East, and West is West, and never the twain shall meet, Till Earth and Sky stand presently at God’s great Judgment Seat; But there is neither East nor West, Border, nor Breed, nor Birth, When two strong men stand face to face, though they come from the ends of the earth!

Posted in poem | 1 Comment

Angelus Silesius

Die Ros ist ohn warum; sie blühet weil sie blühet, Sie acht nicht ihrer selbst, fragt nicht, ob man sie siehet. La rosa es sin porqué florece porque florece. No se presta atención a sí misma. No pregunta si alguien la ve. The Rose is without a ‘wherefor’; she blooms because she blooms. She pays no attention to herself, nor does she ask whether anyone sees her.

Posted in poem | 3 Comments

橋本愛

大きさの違うおにぎり あのこにはちっちゃいの あのこにはおっきいの あのこにはみじかい海苔 あのこにはながい海苔を 巻いてあげたいな

Posted in poem | 1 Comment

金子薫園

  うすもやに つつまれはてし 池の面の いづこなるらむ 蓮ひらくおと  

Posted in poem | 1 Comment

井上靖

石の階段が水面に向って落ち込んでいた。満潮の時は階段の半分が水に没し、干潮の時は小さい貝殻と藻をつけた最下段が水面に現れた。ある夕方、そこで手を洗っている時、石鹼がふいに手から離れた。石鹼は生きもののように尾鰭を振って水の中を泳ぎ、あっという間に深処に落ち込んでいって姿を消した。 あとには、もうどんなことがあっても再び手の中には戻らぬといった喪失感があった。これは幼時の出来事だが、それ以後、私はこのように完全に物を喪なったことはない。川明りがいかなる明るさとも違って、悲劇の終幕が持つ明るさであることを知ったのもこの時だ。

Posted in poem | 3 Comments

David Biespiel

Every society we’ve ever known has had poetry, and should the day come that poetry suddenly disappears in the morning, someone, somewhere, will reinvent it by evening. Since ancient times, as long as we’ve had language, poetry has ritualized human life. It has dramatized and informed us with metaphors and figures of feeling and thought, mysteries and politics, birth and death, and all the occasions we experience between womb and tomb. Poetic utterance ritualizes how we come to knowledge. In the same way that poems illuminate our individual lives, poems also help us understand ourselves as a culture. Or at least they spur us to ask the questions. Poetic utterance … Continue reading

Posted in poem | 1 Comment

Hafez

I caught the happy virus last night When I was out singing beneath the stars. It is remarkably contagious – So kiss me.

Posted in poem | 3 Comments

野村英夫

白く透けた硝子戸にはフランスの新聞がはつてある。 埃りだらけの戸口にはどれも眞つ黑な 靴とマントと杖が置いてある。 その狭い司祭館の一部屋で フランス人の老司祭は一人もの思ふのだ。 テーブルの上には古風な毀れた眼覺し時計が いつも倒れたままで置いてある。 私はいつかそれを起して見たが それは急に止つてしまつた。 司祭は笑ひながらそれを倒したが するとそれはまた動き始めた。 こんな狭い一部屋で司祭は眠るのだらうか? いつか司祭は寂しさうに笑ひながら 子供達にさへ小さ過ぎる 片隅の長椅子の上を指さして見せた。 テーブルの上に置かれた 靑い眞珠母色のマリアの像。 私はそのやうに清らかな 優しくてもの悲しい一部屋を知らなかつた。

Posted in poem | 4 Comments

三ツ矢雄二

偶然は無い あるのは必然だけ 積み重ねた事実 データは 嘘をつかないよ まぐれはないさ 全てが計算済み 予測可能なんだ データは 嘘をつかないよ 必要なのは データを 利用する テクニック 大切なのは データを あやつる フィーリング 今の俺は誰にも負けない 完璧なのさ データが 努力と 結びつけば 勝利目前 データが 導く ウィニングショット 今の俺は誰にも負けない そうデータは嘘をつかない

Posted in poem | 2 Comments

金子みすず

わたしが両手をひろげても、 お空はちっともとべないが、 とべる小鳥はわたしのように、 地べたをはやくは走れない。 わたしがからだをゆすっても、 きれいな音はでないけど、 あの鳴るすずはわたしのように たくさんのうたは知らないよ。 すずと、小鳥と、それからわたし、 みんなちがって、みんないい。

Posted in poem | 2 Comments

Fukui Hisashi (福井寧)

N’étant pas poète, je l’apprécie surtout comme un écrivain du journal intime, dont la précision et la simplicité sont exceptionnelles dans le paysage de la littérature japonaise. C’est dommage qu’on ne traduise pas ses proses en français. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺              子規 Kaki kué-ba, kané-ga naru-nari. Hôryûji              Shiki   Croquant un kaki,       la cloche résonne             Hôryûji

Posted in poem | 3 Comments

Wallace Stevens

The meeting at the edge of the field seems like an invention, an embrace between one desperate clod and another in a fantastic consciousness, in a queer assertion of humanity: a theorem proposed between the two – two figures in a nature of the sun, in the sun’s design in its own happiness, as if nothingness contained a metier, a vital assumption, an impermanence in its permanent cold, an illusion so desired that the leaves came and covered the high rock, that the lilacs came and bloomed like a blindness cleansed, exclaiming bright sight, as it was satisfied, in a birth of sight.

Posted in poem | 4 Comments

Борис Пастернак

Февраль. Достать чернил и плакать! Писать о феврале навзрыд, Пока грохочущая слякоть Весною черною горит. Достать пролетку. За шесть гривен, Чрез благовест, чрез клик колес, Перенестись туда, где ливень Еще шумней чернил и слез. Где, как обугленные груши, С деревьев тысячи грачей Сорвутся в лужи и обрушат Сухую грусть на дно очей. Под ней проталины чернеют, И ветер криками изрыт, И чем случайней, тем вернее Слагаются стихи навзрыд.

Posted in poem | 2 Comments

梶井基次郎

桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。 。。。 いったいどんな樹の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒き散らすものだ。それは、よく廻った独楽が完全な静止に澄むように、また、音楽の上手な演奏がきまってなにかの幻覚を伴うように、灼熱した生殖の幻覚させる後光のようなものだ。それは人の心を撲たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。 。。。 何があんな花弁を作り、何があんな蕊を作っているのか、俺は毛根の吸いあげる水晶のような液が、静かな行列を作って、維管束のなかを夢のようにあがってゆくのが見えるようだ。 。。。 今こそ俺は、あの桜の樹の下で酒宴をひらいている村人たちと同じ権利で、花見の酒が呑めそうな気がする。

Posted in poem | 2 Comments

Richard Carpenter, John Bettis

I know I need to be in love I know I’ve wasted too much time I know I ask perfection of A quite imperfect world And fool enough to think that’s What I’ll find

Posted in poem | 3 Comments

清少納言

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。 秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。 冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

Posted in poem | 2 Comments

Heinrich Heine

Ein Fichtenbaum steht einsam Im Norden auf kahler Höh’. Ihn schläfert; mit weißer Decke Umhüllen ihn Eis und Schnee. Er träumt von einer Palme, Die, fern im Morgenland, Einsam und schweigend trauert Auf brennender Felsenwand.

Posted in poem | 6 Comments

SUBIDIOM

Perfection You cannot obtain Impossible perfection Still, it’s a good goal Balance After many years I’m perfectly in balance Sometimes inbalanced Fun Fun is subjective Fun to one is not always Fun to everyone

Posted in poem | 2 Comments

Bible

How beautiful you are and how pleasing, my love, with your delights! Your stature is like that of the palm, and your breasts like clusters of fruit. I said, “I will climb the palm tree; I will take hold of its fruit.” May your breasts be like clusters of grapes on the vine, the fragrance of your breath like apples, and your mouth like the best wine.

Posted in poem | 3 Comments

井上靖 

洪水のように、 大きく、烈しく、 生きなくてもいい。 清水のように、あの岩蔭の、 人目につかぬ滴りのように、 清らかに、ひそやかに、自ら耀いて、 生きて貰いたい。 さくらの花のように、 万朶を飾らなくてもいい。 梅のように、 あの白い五枚の花弁のように、 香ぐわしく、きびしく、 まなこ見張り、 寒夜、なおひらくがいい。 壮大な天の曲、神の声は、 よし聞けなくとも、 風の音に、 あの木々をゆるがせ、 野をわたり、 村を二つに割るものの音に、 耳を傾けよ。   愛する人よ、 夢みなくてもいい。 去年のように、 また来年そうであるように、 この新しき春の陽の中に、 醒めてあれ。 白き石のおもてのように醒めてあれ。

Posted in poem | 4 Comments

井上靖

匈奴は平原に何百尺かの殆ど信じられぬくらいの深い穴を穿ち、死者をそこに葬り、 一匹の駱駝を殉死せしめて、その血をその墓所の上に注ぐ風習があった。 雑草は忽ちにしてそこを覆い、その墓所の所在を判らなくするが、翌年遺族たちは駱駝を連れて平原をさまよい、 駱駝が己が同族の血を嗅ぎ当てて咆哮するところに祭壇を造って、死者に供養したと言う。 私はこの話が好きだ。この話の故に匈奴という古代の遊牧民族を信用できる気になる。 因みに彼等の考え方に依れば、そのような平原を地殻と言い、そのような平原の果てに沈む太陽を落日と言う。そして またそのような平原に降り積む雪を降雪と言うのである。

Posted in poem | 1 Comment

加川文一

丘より見ゆる海は青し 夏の畑につくりし 胡瓜のごとき色を にがく走らせたり 海はひねもす わが乾ける瞳を刺し われは此処に住みて はや四年となりし わが生活はまづしけれど まづしさも己のものぞと 一筋にがき海に向かひて 語りきたれる 妻よ 今日も海は光れリ 人の住む陸を抱きて するどく海は光れり

Posted in poem | 3 Comments

河野裕子

手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が

Posted in poem | 2 Comments

Rainer Maria Rilke

Wie soll ich meine Seele halten, daß sie nicht an deine rührt? Wie soll ich sie hinheben über dich zu andern Dingen? Ach gerne möcht ich sie bei irgendwas Verlorenem im Dunkel unterbringen an einer fremden stillen Stelle, die nicht weiterschwingt, wenn deine Tiefen schwingen. Doch alles, was uns anrührt, dich und mich, nimmt uns zusammen wie ein Bogenstrich, der aus zwei Saiten eine Stimme zieht. Auf welches Instrument sind wir gespannt? Und welcher Spieler hat uns in der Hand? O süßes Lied!

Posted in poem | 2 Comments

宇野亜喜良

Posted in poem | Leave a comment

松尾芭蕉

花見の句のかかりを心得て、軽みをしたり 木のもとに汁も鱠も桜かな

Posted in poem | 1 Comment

Dymphna

a cool breeze a warm cup of tea in the garden

Posted in poem | 1 Comment

松尾芭蕉

物言えば唇寒し秋の風 こちら向け我もさびしき秋の暮 この道や行く人なしに秋の暮 旅に病で夢は枯野をかけ廻る 朝顔や昼は錠おろす門の垣 蕣や是も又我が友ならず 月を侘び、身を侘び、つたなきを侘びて、侘ぶと答へむとすれど、問ふ人もなし。なほ侘び侘びて、 侘びて澄め月侘斎が奈良茶歌

Posted in poem | 1 Comment

Robert Louis Stevenson, Yoshida Torajiro

We do not know where we are to sleep to-night, In a thousand miles of desert where we can see no human smoke. It is better to be a crystal and be broken, Than to remain perfect like a tile upon the housetop.

Posted in poem | 3 Comments

吉田嘉七

汝が兄はここを墓とし定むれば はろばろと離れたる国なれど 妹よ、遠しとは汝は思うまじ。 さらば告げん、この島は海のはて 極まれば燃ゆべき花も無し。 山青くよみの色、海青くよみのいろ。 火を噴けど、しかすがに青褪めし、 ここにして秘められし憤り。 のちの世に掘り出なば、汝は知らん、 あざやかに紅の血のいろを。 妹よ、汝が兄の胸の血のいろを。

Posted in poem | 2 Comments

窪田空穂

夏の夜の 空のみどりに けぶりつつ はろばろしもよ 月ひとつ渡る

Posted in poem | 1 Comment

藤原定家

花の香はかをるばかりをゆくへとて風よりつらき夕やみの空 大空は梅のにほひにかすみつつくもりもはてぬ春の夜の月 かきくらす簷端の空に数みえてながめもあへずおつるしら雪 消えわびぬうつろふ人の秋の色に身をこがらしの杜の白露 駒とめて袖うちはらふ影もなしさののわたりの雪のゆふぐれ

Posted in poem | 3 Comments

種田山頭火

  まっすぐな道で さみしい  

Posted in poem | 2 Comments

藤原定家

見渡せば花ももみぢもなかりけり   浦の苫屋の秋の夕暮

Posted in poem | 5 Comments

心敬

心もち肝要にて候 常に飛花落葉を見ても 草木の露をながめても 此世の夢まぼろしの心を思ひとり ふるまひをやさしくして 幽玄に心をとめよ 氷ばかり艶なるはなし 苅田の原などの朝のうすこほり 古りたる檜皮の軒などのつらら 枯野の草木など 露霜のとぢたる風情 おもしろく艶にも侍らずや

Posted in poem | 4 Comments

多田富雄

が、突然思い出したように目を上げ 思いがけないことを言い始めた そこは死の世界なんかじゃない 生きてそれを見たのだ 死ぬことなんか容易い 生きたままこれを見なければならぬ よく見ておけ 地獄はここだ 遠いところにあるわけではない ここなのだ 君だって行けるところなのだ 老人はこういい捨てて呆然として帰っていった

Posted in poem | 1 Comment

丸山圭子

くもりガラスを伝わる 雨のしずくのように ただひとすじに ただひたむきに それはばかげたあこがれか 気まぐれな恋だとしても 雨はきっと降り続く くもりガラスをたたく 雨の音かぞえながら どうぞこのまま どうぞやまないで さよならは涙とうらはら 冷めたコーヒーのようなもの だからいつまでもこのまま

Posted in poem | 1 Comment

Izumi Shikibu

When the autumn wind blows down from Tokiwa Mountain, my body fills, as if blushing, with the color and scent of pine.

Posted in poem | 2 Comments

Michel Leiris

Posted in poem | 2 Comments

松本隆

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた 悩んだ日もある 哀しみに くじけそうな時も あなたがそこにいたから 生きて来られた

Posted in poem | 3 Comments

八木重吉

くもの ある日 くもは かなしい くもの ない日 そらは さびしい

Posted in poem | 5 Comments

Woody Guthrie

Some of us are illegal, and some are not wanted, Our work contract’s out and we have to move on; Six hundred miles to that Mexican border, They chase us like outlaws, like rustlers, like thieves. We died in your hills, we died in your deserts, We died in your valleys and died on your plains. We died ‘neath your trees and we died in your bushes, Both sides of the river, we died just the same.

Posted in poem | 2 Comments

島崎藤村

しづかにてらせる      月のひかりの などか絶間なく      ものおもはする さやけきそのかげ      こゑはなくとも みるひとの胸に      忍び入るなり なさけは説とくとも      なさけをしらぬ うきよのほかにも      朽くちゆくわがみ あかさぬおもひと      この月かげと いづれか声なき      いづれかなしき

Posted in poem | 2 Comments

井上靖

いかにも地殻の表面といったような瓦礫と雑草の焼土一帯に、 粗末なバラックの都邑が急ピッチで造られつつあった。 焼ける前は迷路(ラビリンス)と薬種商の老舗の多い古く静かな城下町だったが、 そんな跡形はいまは微塵も見出せない。 日々打つづく北の暗鬱なる初冬の空の下に、いま生れようとしているものは、 性格などまるでない、古くも新しくもない不思議な町だ。 それにしてもやけに酒場と喫茶店が多い。 オリオン、乙女、インデアン、孔雀、麒麟、獅子、白鳥、カメレオン ――申し合せたように星座の名がつけられてある。 宵の七時ともなると、町全体が早い店じまいだ。 三里ほど向うの日本海の波の音が聞えはじめるのを合図に、 街の貧しい星座たちの灯も消える。 そしてその後から今度はほんものの十一月の星座が、 この時刻から急に澄み渡ってくる夜空一面にかかり、 天体の純粋透明な悲哀感が、次第に沈澱下降しながら、町全体を押しつつむ。 確かに夜だけ、北国のこのバラックの町は、 曾て日本のいかなる都市も持たなかった不思議な表情を持っていた。 いわば、星の植民地とでも言ったような。

Posted in poem | 1 Comment

芥川龍之介

彼はヴォルテエルの家の窓からいつか高い山を見上げてゐた。氷河の懸つた山の上には禿鷹の影さへ見えなかつた。が、背の低い露西亞人が一人、執拗に山道を登りゞけてゐた。 ヴォルテエルの家も夜になつた後、彼は明るいランプの下にかう云ふ傾向詩を書いたりした。あの山道を登つて行つた露西亞人の姿を思ひ出しながら。 誰よりも十戒を守つた君は 誰よりも十戒を破つた君だ。 誰よりも民衆を愛した君は 誰よりも民衆を輕蔑した君だ。 誰よりも理想に燃え上つた君は 誰よりも現實を知つてゐた君だ。 君は僕等の東洋が生んだ 草花の匀のする電氣機関車だ。

Posted in poem | 3 Comments