Category Archives: beauty

Mieko Avello, Kazue Masuyama

日本の美学「わび、さび」 Simplicity and Elegance as Japanese Ideal Beauty わび is both an aesthetic and moral principle. Literary, わび means “to worry about, to feel sad, to feel lonely.” わび is described as “imperfect beauty” which was sought out by Sen no Rikyu, who accomplished tea ceremony as an art form. わび is “elegant simplicity that abandoned extravagance and arrogance.” 哲学としてのわび “in modern society, one should not be captured by current secular social values such as wealth, power, and fame, but seeks out the highest virtue beyond its time and one’s social status.” さび is described as “the ideal circumstance of Basho’s Haiku world,” and indicated as “loneliness” or “total isolation” and seek out some meaning of … Continue reading

Posted in beauty | 1 Comment

Анастасия Страшевская

Posted in beauty | 2 Comments

Leonard Koren

Beauty can be coaxed out of ugliness. Wabi-sabi is ambivalent about separating beauty from non-beauty or ugliness. The beauty of wabi-sabi is in one respect, the condition of coming to terms with what you consider ugly. Wabi-sabi suggests that beauty is a dynamic event that occurs between you and something else. Beauty can spontaneously occur at any moment given the proper circumstances, context, or point of view. Beauty is thus an altered state of consciousness, an extraordinary moment of poetry and grace.

Posted in beauty | 1 Comment

1953-2013

Posted in beauty | 1 Comment

Still in the Stream

The two word phrase “wabi sabi” originated in the Japanese language but has made its way into English largely because English lacks an adequate equivalent. Even in Japanese the exact meaning of the phrase is difficult to pin down. It is first and foremost a beauty seen in aged or worn objects; objects that contain deep patterns, patina, character, or qualities of authentic individuality. Wabi sabi is not a technique for increasing wealth, or tapping into some unseen mystical power. It is quite the opposite. It is an intuitive way of living that involves noticing the moments that make life rich and paying attention to the simple pleasures that can … Continue reading

Posted in beauty | 1 Comment

Brigitte Bardot

Quoi de plus beau qu’une vieille dame chère devenir sage avec l’âge? Chaque âge peut être enchanteur, à condition que vous vivez dedans.

Posted in beauty | 1 Comment

江里佐代子

Posted in beauty | 4 Comments

Richard Palmer

Posted in beauty | 4 Comments

Jenny Depper

During the holiday season several years ago, Paul Walker walked into Bailey Banks and Biddle Jewelers in Santa Barbara, California, and, according to sales associate Irene King, what happened next was practically out of a feel-good Hollywood movie. Walker was browsing for bling at the same time as a soldier who had just finished his first tour of duty in Iraq, and was looking at engagement rings with his fiancée. According to King, the pair saw a ring set they liked, but it was way too expensive and boasted a hefty $10,000 price tag. In comes Walker. The blue-eyed actor called the store’s manager and told him to put the … Continue reading

Posted in beauty | 2 Comments

Duo Artemiev

Russian trapeze artists Elena and Dmitry Artemiev take the tango to new heights.

Posted in beauty | 2 Comments

原研哉

これは同仁斎という義政の書斎ですが、彼の当時の感性を端的に物語っています。今の和室といわれるものの源流が、全てここに集約されていると言われています。言わば、和室の原型ですね。畳敷きの四畳半ですが、これ以前は、畳はまだ床に敷きつめられてはいなかった。畳は板の間の一部に置かれて、畳の縁には段差があったんです。 障子もほぼ完成されています。障子は完壁な面光源になって、直射日光は差さない。デスクトップは帳台とよばれるもので、書き物をするところですが、すばらしいのはデスクトップの面に接して全面に障子があって、これがすっと開くんですね。開くと庭の景色がちょうど掛け軸のようなプロポーションで切りとられてくる。帳台の左には違い棚があって、渡来ものや本などをここに飾ったりするわけです。 向かって左手と、カメラ側も襖です。襖、襖、障子、障子、あとは畳と帳台と違い棚。すごく簡素できれいです。本当に簡素極まりない。これが究極の和室です。以後の和室は、数寄屋にしろ書院づくりにしろ、少なからずこういうものの影響を受けているわけです。

Posted in beauty | 1 Comment

James Kirkup

Une Vie de Creation – “A Life of Creation” – is the title of the great designer Charlotte Perriand‘s autobiography, a book as exuberant, full of the joys of living, as the author herself. She was one of humanity’s outstanding energisers, a true creator of new forms, new materials, and a pioneer in the use of industrial materials to achieve graceful, forceful and very witty works to benefit our everyday existence with their sly charm and mischievous misappropriation of unexpected forms and fabrics in utterly appropriate ways.

Posted in beauty | 1 Comment

Den Blå Planet

Posted in beauty | 1 Comment

谷崎潤一郎

われわれは、それでなくても太陽の光線の這入りにくい座敷の外側へ、土庇を出したり縁側を附けたりして一層日光を遠のける。そして室内へは、庭からの反射が障子を透してほの明るく忍び込むようにする。われわれの座敷の美の要素は、この間接の鈍い光線に外ならない。われわれは、この力のない、わびしい、果敢ない光線が、しんみり落ち着いて座敷の壁へ沁み込むように、わざと調子の弱い色の砂壁を塗る。土蔵とか、厨とか、廊下のようなところへ塗るには照りをつけるが、座敷の壁は殆ど砂壁で、めったに光らせない。もし光らせたら、その乏しい光線の、柔かい弱い味が消える。われ等は何処までも、見るからにおぼつかなげな外光が、黄昏色の壁の面に取り着いて辛くも餘命を保っている、あの繊細な明るさを楽しむ。我等に取ってはこの壁の上の明るさ或はほのぐらさが何物の装飾にも優るのであり、しみじみと見飽きがしないのである。さればそれらの砂壁がその明るさを乱さないようにとたゞ一と色の無地に塗ってあるのも当然であって、座敷毎に少しずつ地色は違うけれども、何とその違いの微かであることよ。それは色の違いと云うよりもほんの僅かな濃淡の差異、見る人の気分の相違と云う程のものでしかない。しかもその壁の色のほのかな違いに依って、また幾らかずつ各々の部屋の陰翳が異なった色調を帯びるのである。

Posted in beauty | 1 Comment

NHK

実は「たな」という言葉は、雲や霞が “たなびく” という大和言葉が始まり。アシメトリーの棚は、たなびく雲が原点なのです。 天下三棚: 修学院離宮     霞棚 桂離宮     桂棚 醍醐寺三宝院     醍醐棚

Posted in beauty | 1 Comment

柳宗悦

さらに一個の病気を数え挙げておこう。多くの蒐集家は「完全品」への執着が強い。それが一冊の書物にしろ一個の陶器にしろ、罅や傷や汚れを極度に嫌う。そうして完全でないと手を出さない人がある。かかる性質の人が多いのと、無傷なものが比較的少ないのとで、商人は完全な物に高値をつける。購う方では傷物だと難癖をつける。 。。。 あのミロのヴィナスに両腕があったら、よもやルーブルの特別室に入りはしなかったであろう。一個の陶器を選んだとしても、多少のゆがみや貫入が、一層風情を添える場合があるではないか。 。。。 完全なものの方が常にいいという法則は無い。まして完全なものでなくば駄目だという断定は成立しない。完全さと質とは必ずしも同一物ではない。  。。。  御存知の様に、これは蒐集家に限った話というよりは、むしろ一般の感覚だろう。何に起因する発想であるのか不勉強にして知らぬのであるが、例えば萩焼の浸みであったり、伊賀の焦げであったり。面白いことであるが、伊賀花入などを人の手に飾らせると、裏向きに置いて焦げを隠そうとする場合が散見される。特に緋色が綺麗というわけでもない。積極的選択ではなく、消去法による選択。粉引の貫入などもこの手の誤解を受け易い。目跡にしても同じ。高麗茶碗の魅力を象徴する口辺のゆらぎでさえ、これも同罪とされてしまう事がある。とかく完全をモノに、また同時に人へも向ける。割れ易い楽茶碗の存在が在り、キズを抱えた伊賀の存在があり、乾風一つで割れる竹花入が在り、色の抜けた茶杓が在る。時に「茶道具だけは特別」というような説明が下される場合もあるが、元より自然界は歪みがあってこそ「真の姿」である。いやまぁ、私もそうだが、人間だってそんなものだ。垂直な赤松なんて要らんだろう。桜が杉やヒノキの様に真っ直ぐで在るべきか。いや、その杉やヒノキでさえ、日光の偏りによって揺らいでいるもの。万事、自然の訓えに従ったものである。貫入に色が入ってこそ。歳を経て変わらぬ人間など居ないわけで、「松樹千年翠」の言葉通り、表向きは常に緑色。しかし中には千年の栄枯があってこその魅力。不完全なものを積極的に認めて行く姿に茶の道、人の道が在るのだろう。道具に託された言葉の千金を知るべきである。  。。。  銘を尊ぶようになったのは、近代の個人主義の影響に過ぎない。個性の出たもののみが高い美を約束すると考えるに至ったからである。しかし私達は無数の卓越した無銘品の存在をこの概念で説くことはできない。銘への執着は吾々の鑑賞をいたく鈍らせてきたのである。人ばかり見て物が見えなくなってきたのである。そのため物をじかに見届ける力が衰えてしまったのである。幸い物の価値と銘とが一致すればよいが、必ずしも一致するとは限らない。 。。。 吾々は銘で集めるより、物で集めねばならぬ。

Posted in beauty | 1 Comment

Gretchen Roberts

Wabi sabi is asymmetrical heirloom vegetables and handmade pottery, crow’s feet and the frayed sleeves of a favorite wool sweater, exposed brick and the first draft of a difficult letter. You won’t find wabi sabi in Botox, glass-and-steel skyscrapers, smart phones, or the drive for relentless self-improvement. It’s a beauty hidden right in front of our eyes, an aesthetic of simplicity that reveals itself only when animated through the daily work of living.

Posted in beauty | 1 Comment

Leonard Koren

Wabi sabi is the beauty of things imperfect, impermanent, and incomplete, the antithesis of our classical Western notion of beauty as something perfect, enduring, and monumental.

Posted in beauty | 1 Comment

小泉和子

棚は、ちょっと未完成ぐらいのほうがいい。ものを入れてはじめて完成するような、そんな棚が、じつは素晴らしいのです。

Posted in beauty | Leave a comment

井上和生

古民家再生をライフワークとする村上満氏によりますと、昔の建物は、「完成すると崩れる」というジンクスがあり、その為、建物のどこかに「未完成」の部分を残しておくそうです。 「和(なごみ)」の再生に携わった今は亡き棟梁は、この「未完成」の部分を洗面台に残してくれました。下記の写真の様に、洗面台の木造作が、墨つぼの跡そのまま残されております。私はこの未完成の洗面台が、何とも言えず気に入っております。 又、屋根の塗装工事も途中の様に見えますが、この吊り下げ足場やペンキの缶が、外装の一部として調和しているようで、あえてこのままにしておいて頂ける様、お願いしました。

Posted in beauty | 1 Comment

Strahovský klášter

Posted in beauty | 1 Comment

Simone Biles

Posted in beauty | 2 Comments

Arsenal

Posted in beauty | 1 Comment

Pinterest

Posted in beauty | Leave a comment

olya lernor

Posted in beauty | Leave a comment

Delia Ephron

To me, having it all — if one wants to define it at all — is the magical time when what you want and what you have match up. Like an eclipse. Having it all might be a fleeting moment — drinking a cup of coffee on a Sunday morning when the light is especially bright. It might also be a few undisturbed hours with a novel I’m in love with … It’s when all your senses are engaged. It’s when you feel at peace with someone you love. And that isn’t often. Loving someone and being at peace with him (or her) are two different things. Having it all … Continue reading

Posted in beauty | 1 Comment

Jamin Halberstadt, Gillian Rhodes

It’s not just average faces that are attractive: computer-manipulated averageness makes birds, fish, and automobiles attractive. Full text (PDF)

Posted in beauty | 1 Comment

Face Research

Posted in beauty | 3 Comments

Thomas R. Alley, Michael R. Cunningham

Averaged faces are attractive, but very attractive faces are not average.

Posted in beauty | 1 Comment

和樂

朝ごはん 打ち水 きんとん 土壁 かな 折詰 漆 京舞 結界 余白の美 白木 山笑う 方言 おじぎ 陰翳 はにかみ 侘び 雑巾 夕涼み

Posted in beauty | 1 Comment

仁和寺

Posted in beauty | 2 Comments

Venus

Posted in beauty | 2 Comments

清少納言

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。 秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。 冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

Posted in beauty | 1 Comment

デイリースポーツ

U‐19日本代表候補の主将にMF猶本光(浦和)が指名された。「猶本にやらせようと思っています」と吉田弘監督。昨年のU‐20女子W杯で活躍し、上の年代で招集される可能性もあったため、佐々木監督とも話し合ったという。「(上で)中心になって試合に出られるかというと、必ずしもそうではない。来年のU‐20W杯に出た後で、15年の(年齢制限のない)W杯(カナダ大会)に入っていければいいのでは」と主将の大役を通じて、じっくり育成する方針だ。

Posted in beauty | 1 Comment

Evol

Posted in beauty | Leave a comment

NASA

Posted in beauty | Leave a comment

Audrey Hepburn

I believe in pink. I believe that laughing is the best calorie burner. I believe in kissing, kissing a lot. I believe in being strong when everything seems to be going wrong. I believe that happy girls are the prettiest girls. I believe that tomorrow is another day and I believe in miracles. The beauty of a woman must be seen from in her eyes, because that is the doorway to her heart, the place where love resides. For beautiful eyes, look for the good in others; for beautiful lips, speak only words of kindness; and for poise, walk with the knowledge that you are never alone. The beauty of … Continue reading

Posted in beauty | 2 Comments

Issey Miyake

Posted in beauty | 1 Comment

Alaska

Posted in beauty | Leave a comment

高倉健

多くの人があえぎながら生きて行く人生で、その人の心意気を垣間見たとき、僕は美しいと感じます。 美しさとは、他者に対すての優しさではないでしょうか。

Posted in beauty | Leave a comment

tumblr.

I love the word mamihlapinatapai….the meaning is quite beautiful, it means .. that moment or feeling where two people both want to initiate something, but neither wants to be the one to start it. it could be two tribal leaders both wanting to make peace, but neither wanting to be the one to begin it. or it could be two people wanting to approach each other, but neither quite brave enough to make the first move. (Life In A Day)

Posted in beauty | 2 Comments

辻邦生

パリに住んでいた当時、私がもっとも多く訪れたのはギリシア彫刻とこのボティチェルリの壁画の部屋だったように思う。その頃、ギリシア旅行ではじめてパルテノン神殿の美しさに接したが、美が日常世界から永遠の甘美さに人を運ぶものであることを、私はその瞬間、深い歓喜の思いのなかで理解した。かつて私はそれを現世からの逃避と感じたが、ギリシア神殿を見て以来、その考えは根本から覆された。美こそが、日常の歪曲した生から人間本来の生へと高めてくれるものであり、現実生活もかかる美に包まれてはじめて人間的な秩序を取り戻すものだ、と思われたのだった。美は私にとって現実の根底となったと言ってよかった。

Posted in beauty | 1 Comment

Pristine

pris·tine /ˈprisˌtēn/ Adjective In its original condition; unspoiled. Clean and fresh as if new; spotless.

Posted in beauty | 3 Comments

Latvia

Posted in beauty | 1 Comment

斎藤成也

先月、国立民族学博物館(民博)に研究会で訪れたときに、最近はポリタンクがアフリカ文化を紹介する部分で展示されていると耳にしました。そこで、見に行きました。ありました。みにくかった。ただのポリタンク。そりゃ現地の人にとっては、水を汲みに行く道具として重要でしょう。でも、現代文明から見れば、どこかのぱっとしない工場で生産されたモノにすぎません。それを堂々と博物館で展示している人々の気分が理解できませんでした。 たしかに、民博の初代館長、梅棹忠夫さんは、展示物をガラクタと表現しました。でもそれは彼一流のてらいだったのではないでしょうか。博物館に来る人は、民俗資料であっても、それなりに美しいものを求めているのではないでしょうか?事実、このポリタンクをのぞけば、ギターですら美しかったです。

Posted in beauty | 1 Comment

IKEA

The STRANDMON wingback chair is a gorgeous piece that is the modern version of the MK armchair IKEA first released in 1951. And, it’s available in two colours: Svanby grey or Vellinge blue. Back then, the chair was selling for 207 Swedish kronor, or about $30. In today’s prices, that’d be about $440. You can really loosen up and relax in comfort because the high back on this chair provides extra support for your neck.

Posted in beauty | Leave a comment

優恵

Posted in beauty | 1 Comment

Daniel Reetz

DiY Book Scanner (http://www.diybookscanner.org/)

Posted in beauty | Leave a comment

Caren Firouz

Women ninjas in Karaj, northwest of Tehran. Photographer Caren Firouz has been taking pictures of some of Iran’s estimated 3,500 female ninja-warriors-in-training.

Posted in beauty | 2 Comments

今上天皇

やはり、強制になるということではないことが望ましいですね。

Posted in beauty | 3 Comments

柳宗元

夫美不自美,因人而彰。蘭亭也。不遭右軍、則清湍脩竹、蕪沒於空山矣。是亭也、闢介閩嶺、佳境罕到、不書所作、使盛跡鬱堙、是貽林澗之媿、故志之。

Posted in beauty | 2 Comments

叶朗

美学研究的全部内容,最后归结起来,就是引导人们去努力提升自己的人生境界,使自己具有一种 ‘光风霁月’ 般的胸襟和气象,去追求一种更有意义、更有价值和更有情趣的人生。 — 自由的心情,这说得多好。

Posted in beauty | 3 Comments

Johann Wolfgang von Goethe

Diese Farben, welche wir billig obenan setzen, weil sie dem Subjekt, weil sie dem Auge, teils völlig, teils größtens zugehören, diese Farben, welche das Fundament der ganzen Lehre machen und uns die chromatische Harmonie, worüber so viel gestritten wird, offenbaren, wurden bisher als außerwesentlich, zufällig, als Täuschung und Gebrechen betrachtet. Die Erscheinungen derselben sind von frühern Zeiten her bekannt, aber weil man ihre Flüchtigkeit nicht haschen konnte, so verbannte man sie in das Reich der schädlichen Gespenster und bezeichnete sie in diesem Sinne gar verschiedentlich.

Posted in beauty | 4 Comments

Plutarch

For the beauty of Cleopatra, as we are told, was in itself not altogether incomparable, nor such as to strike those who saw her; but converse with her had an irresistible charm, and her presence, combined with the persuasiveness of her discourse and the character which was somehow diffused about her behaviour towards others, had something stimulating about it. There was sweetness also in the tones of her voice; and her tongue, like an instrument of many strings, she could readily turn to whatever language she pleased …

Posted in beauty | 2 Comments

Φρύνη

Οργανώνοντας μια θρησκευτική τελετή προς τιμήν ενός θρακικού θεού, κατηγορήθηκε από έναν παλαιό εραστή της ότι προσπαθούσε να εισάγει στην Αθήνα μια ξένη θεότητα και μέσω αυτής να διαφθείρει τις νεαρές Αθηναίες. Στο δικαστήριο ανέλαβε την υπεράσπισή της ο ρήτορας Υπερείδης, ο οποίος επίσης διατηρούσε σχέσεις μαζί της. Σύμφωνα με την αφήγηση του Αθηναίου, όταν πια η υπόθεση φαινόταν χαμένη για τη Φρύνη, ο Υπερείδης τραβηξε με ορμή τα ενδύματα της κοπέλας, αποκαλύπτοντας το γυμνό της σώμα στο δικαστικό σώμα. Τα μέλη του εντυπωσιάστηκαν τόσο – σύμφωνα με μια εκδοχή η φυσική ομορφιά θεωρούταν σημάδι της εύνοιας των θεών την εποχή εκείνη – που την αθώωσαν πανηγυρικά. Ωστόσο ο ρήτορας … Continue reading

Posted in beauty | 2 Comments