Category Archives: memory

南伊豆町観光協会

南伊豆町の西側 砂浜のあるビーチと言えば 弓ヶ浜、子浦、入間の3ヵ所 海水浴場に指定されているのは 弓ヶ浜と子浦のみ 波がないので子供でも十分泳げる 静岡県賀茂郡南伊豆町子浦

Posted in memory | 1 Comment

五浦観光ホテル別館大観荘

Posted in memory | 3 Comments

Noriko Gines

Posted in memory | 3 Comments

Ricardo Treithamer

Posted in memory | Leave a comment

Kings Against Violence Initiative (KAVI)

Posted in memory | 3 Comments

山本貴光

自分のコンピュータに1万冊ほどの本を蓄積してみて分かったことがある。デジタルデータとしての本は、実に簡単に把握できなくなる。なにがあって、なにがないのか分からなくなる。同数の紙の本も大概だが、それでもまだおおよそは把握できる。デジタルデータで同じようにいかないのは、おそらく記憶の手がかりが少ないからだ。 例えば、モノとしての本は、空間に並べることで一覧性を確保できる。また、まさに空間の特定の位置に関連づけられる(「この左下のほうには映画の本があったはず……」など)。これに対して、コンピュータの記憶装置にデータをそのまま並べておくだけでは、そうはいかない。そもそも利用者が当該フォルダを表示するまで、それは見えない状態にある。当該フォルダを画面に表示するにしても、一画面に表示されるファイル数はたかが知れており、とうてい一覧はかなわない。ただし、強力な検索機能を駆使することで、適切な検索語さえ選べば、あっという間にデータを抽出できる。だからネットと同様に、検索で用が足りる場合には、記憶は問題にならないだろう。

Posted in memory | 1 Comment

David Carradine

Posted in memory | 1 Comment

Benoît Violier

Posted in memory | 2 Comments

秋川リサ

写真のプリントが上がりシノヤマは白い封筒に入ったその写真をそっと私に渡してくれた。「スゲーいいぞ」とも言った。 太陽やヒマワリの様に丸くて明るいわたしの顔、健康で何一つ悩みのない女と思われるのがいつもシャクだった。 そこにはわたしが一度も見たことのないわたしが写っていた。一言で言って大人の女、色っぽい、それでいて18才の溌剌としたピンとはった肌と乳房、窓から入る横の光で煙草を吸っているわたしなんか、まるで飾り窓の女。嬉しかった。 その後写真はわたしの引出しの中にしまわれ。。。 そして39年たったある日シノヤマから電話がかかってきた。 「あの写真、発表したいんだけど」 正直わたしはちょっと戸惑った。。。 そしてずっと約束を守ってくれたシノヤマをイイヤツだと思った。だって本当に約束を守るカメラマンもいるんだなとはじめて思ったんだもの。

Posted in memory | 2 Comments

国立駅南口

Posted in memory | 1 Comment

Traumat

Posted in memory | 1 Comment

LifeThirst

Posted in memory | 1 Comment

10 Liberty Street

Posted in memory | 2 Comments

鈴木邦男

私はどちらかというと、国家という大きなものよりも、街とか個人とか、なるべく小さな単位でものを考えようとしている人間なんですが、昭和三〇年代って、わりと小さなものが大事にされていた時代じゃないかなっていう気がする。駄菓子やとか紙芝居に象徴されるように、小さいものが大事にされていた。国という単位でものを考えると、「悠久の大義」だとか、大きな歴史というものが出てくる。でも個人単位、街単位で考えると、記憶なんですね。私は歴史より記憶を大事にしたいのです。

Posted in memory | 1 Comment

Émile Faguet

L’enfant, en France, est élevé par ses parents dans la haine d’une certaine catégorie de Français ; et la première chose, presque, qu’on lui désigne, c’est un ennemi, très proche, quelqu’un, à côté de lui, qu’il faut s’habituer à détester et à injurier sans motif très précis ; mais pour montrer qu’on est le fils de son père. Je crois que cela est « dans le sang ».

Posted in memory | 2 Comments

ルイズルイス加部

売れたから楽しいことが待っているかと思ったけど、ひどいもんだったよ。とにかく演奏しているのは好きだったけど、流れていっちゃっただけで、途中で気がつくとこれでいいのかななんて。 日本語の曲はやるのあまり好きじゃないし、イギリスやアメリカの曲だったらいいけど、1回40分のステージを10回とかお昼からやっているわけだから。で、その後に写真撮影やテレビ収録があったりして。 あとよくわかんない地方にも演奏しに行ったよ。ライブ会場が山奥の学校の体育館なんだ。下に筵(むしろ)がしいてあって、そこが客席。お客さんがそんなところに座っている前で演奏してるんだ。周りは何もなくて川くらいしかないところで、泊まるところは校長先生の家とかなんだから。 学校の教室で椅子を並べてステージにしてやるっていうのもあった。これは千葉の木更津でのコンサートだったかな。もちろん、俺は帰ってきちゃったよ。ブッチと一緒にフェリーに乗ったらバンドのメンバーから「戻って来い」って言われたんだけど「こんなに天気のいい日に仕事やってるほうがおかしい」って俺は言い返したらしいよ。

Posted in memory | 1 Comment

Fédération française de natation (FFN)

Posted in memory | 1 Comment

Laure Manaudou, Florent Manaudou

Posted in memory | 1 Comment

Sarah Rainey

The meeting with Nagase – then, like Eric, in his seventies – took place near the bridge over the River Kwai, the infamous stretch of Death Railway immortalised in a 1957 film. Footage from the day shows two grey-haired men tentatively shaking hands. “I must say something to you,” Nagase pleads, bowing. “I am very sorry for what I have done. You must have suffered very much.” Eric simply nods. “Thank you,” he says. “Thank you.” He hadn’t intended to be so forgiving. Up until the meeting, Patti admits, Eric planned to kill Nagase. “Eric meant to do him harm,” she says, quietly. “He told me that he had fully … Continue reading

Posted in memory | 2 Comments

Ferney Voltaire

Posted in memory | 1 Comment

Yvan Bing

Posted in memory | 2 Comments

Roberta D. Calhoun

Survivor guilt, when it occurs, derives from situations where persons have been involved in a life- threatening event and lived to tell about it. It is often experienced after traumatic incidents causing multiple deaths. In the special case of chronic illness, survivor guilt can occur after the deaths of peers who faced the same diagnosis. By definition, there is an implied comparison with people who have endured similar ordeals. Survivor guilt explores the other side of the coin of why me? Namely, why not me? Why did I survive when others did not? Those who struggle with it may express the feeling of being an impostor: somehow the “wrong” person … Continue reading

Posted in memory | 1 Comment

Louis Vuitton

Posted in memory | 2 Comments

小島千加子

緑が丘の旧邸の頃は、家の奥で先生 (三島由紀夫) の、「お母さまあ」と呼びかける声がしたり、母堂が風邪気味の先生の喉に薬を塗ろうと追いかけるのを、お手伝いさんの背を楯に逃げ廻ったり、雅びな少年の名残が、家の中まで鬱蒼とした感じの、小暗い隅に影を落としている気配があったのだが、馬込の新邸はガラリと変わった。

Posted in memory | 2 Comments

Issey Miyake

Posted in memory | 1 Comment

Anne Hellman, Michel Arnaud

Posted in memory | 1 Comment

Olympique de Marseille

Posted in memory | 1 Comment

Richard Restak

On a very basic level, you are what you remember — your very identity depends on all of the events, people and places you can recall. Improving your memory will help you develop a quicker, more accurate retrieval of information that will increase your intelligence.

Posted in memory | Leave a comment

坂本太郎

スキー部などの4人の力を借り、9人で大会に臨んでいる双葉が快進撃を続けている。3戦連続のコールド勝ちで、秋季大会の代表決定戦進出は2007年以来6年ぶり。22日に強豪、北照に挑む。 本来の野球部員は1年生の5人。中学校などで野球経験がある4人に声を掛け、出場にこぎつけた。大会前の練習試合では大敗。西谷勇輝主将(1年)は「とても不安だった」と振り返る。 しかし、スキー部の蔦有輝選手(2年)が本塁打を放つなど助っ人が奮起。外野と二塁は助っ人が担うが、これまで失策は一つだけ。スキー部の笹川俊哉選手(同)と後藤悠史選手(1年)は「正直、ここまで来られるとは思わなかった」。普段は部活動に参加していない倉地大世選手(同)はバットが無く木の棒を振って練習に励んだといい、「奇跡みたいでうれしい」とはにかむ。 野球部員も負けていない。三上真司捕手(同)は「自分たちも頑張らないといけない」と、岩内戦で4打数3安打4打点。西谷主将は「一人一人の気持ちがつながってきている。(北照戦は)最後まであきらめない」と意気込む。 長谷川倫樹監督は快進撃について「たまたまです。理由を教えてほしいくらい」と困惑しながらも「目の前の試合を一生懸命やった結果」と選手をほめた。スタンドで観戦していたスキー部の玉川祐介監督は「野球部の5人の調子が良いので引っ張られるように伸び伸びやっている。決勝も楽しんで、けがをしないよう頑張って」とエールを送った。

Posted in memory | 1 Comment

西田幾多郎

それは私がまだ金沢の四高に教師をしていた頃のことである。或日同僚のドイツ人ユンケル氏から晩餐に招かれた。金沢では外国人は多く公園から小立野へ入る入口の処に住んでいる。外国人といっても僅の数に過ぎないが。私はその頃ちょうど小立野の下に住んでいた。夕方招かれた時刻の少し前に、家を出て、坂を上り、ユンケル氏の宅へ行ったのである。然るにどうしたことか、ユンケル氏の宅から少し隔った、今は名を忘れたが、何でもエスで始まった名の女の宣教師の宅へ入ってしまった。その女宣教師も知った人であり、一、二度も私の家に来たこともある人ではあったのだ。ベルを押し、請ぜられて応接間に入り、暫く待っていた。無論応接間の様子などユンケル氏のそれと似もつかぬのであるが、それでも自分には少しも気がつかなかった、全くユンケル氏の応接間に入っているつもりでいた。その中エスさんが二階から降りて来られた。それでもまだ気付かない。エスさんも自分と同じくユンケル氏の所へ招れて来ているのだと思い込んでいた。それにしてもユンケル氏が出て来ないのを不思議に思い、エスさんに尋ねて見ると、自分は全く家を間違っていたのであった。

Posted in memory | 1 Comment

前村大成

ベトレヘムの園の雑木林脇の細道を歩いていたとき、林の下草を刈っていた人に「そこに、沢山の桑の実が落ちていて、小鳥が食べに来ていたよ」と声をかけられました。見てみると無数の干からびた黒い桑の実が落ちていました。学童時代に同じ村の友達数人と、通学路からそれた畑道に入って桑の実を口にしながら道草をして家に帰った日々や、桑畑で桑の葉を採取していた情景を思い出しながら、わずかに実を残している梢を見上げて「大きい桑の木ですね」と感歎していると、「あっちにはもっと大きな桑が2本あるよ」と教えてくれました。郷里の桑畑の桑の木は、大人の手が届くぐらいの高さだったと記憶していますが、この桑の木は道を隔てた隣の大きな病院の4階以上に達する高さで、幹は根元近くで2つに分岐していました。当院開設期の写真を先日改めて見たところでしたので、この桑の木も当時からベトレヘムの園全体を広く眺めてきたのかと思うと、写っていた人の姿や当時の建造物が、途端に生気あふれて蘇ってきたように思いました。 桑の木は落葉樹ですが、温暖地では常緑樹のようにもなります。葉は切り葉と丸葉があり、カイコの飼料として養蚕に利用されるのが桑の最も重要な用途ですが、桑茶にも利用されています。栄西が『喫茶養生記』でお茶の効能、効用を書いているそうです。果実は多汁で甘く、マルベリージャムになる他、ブドウと同様に発酵させて桑実酒が作られます。 南ヨーロッパでは上手に桑を剪定して街路樹や並木にしたりしているようです。八王子には桑の並木があるそうですので、是非一度訪れてみたいと思っています。

Posted in memory | 2 Comments

エディ藩

Posted in memory | 1 Comment

Maria O’Reilly

Posted in memory | 3 Comments

Eric Cantona, Alex Ferguson

Posted in memory | 1 Comment

an・an

an・an アンアンエルジャポン no.13 (1970年9月20日号)     神様さまの慈愛  原作/フランシス・ジャム  解説/澁澤龍彦  イラストレーション/片山健

Posted in memory | Leave a comment

an・an

『anan』創刊号 1970年3月     はじめまして! アンアン代表です ユリとその撮影隊 ヨーロッパ訪問

Posted in memory | Leave a comment

International Women’s Day

Posted in memory | 1 Comment

BFM.RU

Комплект оригинальных кукол к мультфильмам про Чебурашку будет выставлен на вечерние торги аукционного дома «Совком» 11 декабря в рамках аукциона «Русское и советское искусство ХХ века», сообщается в релизе организатора торгов. Это последние сохранившиеся оригиналы кукол известных мультипликационных героев, созданные в 1970-е годы. По оценкам экспертов аукционного дома, стоимость кукол может составить 1,5–2 млн рублей. Несмотря на то, что куклы создавались в нескольких экземплярах, поскольку ломались и изнашивались во время съемок, представленные на аукционе — единственные оригинальные образцы, сохранившиеся до настоящего времени.

Posted in memory | 1 Comment

山崎弘一

Posted in memory | Leave a comment