Category Archives: music

りりィ

Posted in music | 1 Comment

ryo fukawa

Posted in music | Leave a comment

Shiro “El Arriero” Otake

Posted in music | 2 Comments

Gidon Kremer, Martha Argerich

Posted in music | 4 Comments

Jerome Kern

Posted in music | 1 Comment

Khatia Buniatishvili

Posted in music | 3 Comments

Vanessa Benelli Mosell

Posted in music | 2 Comments

平原綾香

https://youtu.be/TddLq4gdNDw

Posted in music | 1 Comment

Bruce Springsteen

We busted out of class had to get away from those fools We learned more from a three minute record than we ever learned in school

Posted in music | 1 Comment

宇多田ヒカル

Posted in music | 1 Comment

Takayoshi Ohmura

Posted in music | 3 Comments

Martha Argerich

Posted in music | 1 Comment

Zhu Xiao-Mei

Posted in music | 1 Comment

Cesaria Evora

Posted in music | 3 Comments

Sy Johnson

A Primitive such as Charles Mingus had no backlog of tested solutions. He had certain doors he could enter to break through the start of a new piece. He could put his hands down on the keyboard in the key of D-flat, particularly a D-flat major seventh chord, and his hands would begin to shape melodies and harmonies, some borrowed from himself, some from outside himself (Billy Strayhorn’s ‘‘Lush Life,’’ for example), and some new. Check out his ‘‘Duke Ellington’s Sound of Love’’ or ‘‘Sue’s Changes.’’ You can hear ghosts of other melodies, but the totality is pure Mingus.

Posted in music | 2 Comments

山崎弘一

Posted in music | 2 Comments

大村孝佳

Posted in music | 3 Comments

Igudesman & Joo

Posted in music | 1 Comment

中森明菜

Posted in music | 1 Comment

Duo Siqueira Lima

Posted in music | 2 Comments

DragonForce

Posted in music | 1 Comment

Friedrich Nietzsche

Ohne Musik wäre das Leben ein Irrtum.

Posted in music | 2 Comments

Babymetal, Rob Halford, Kami Band

Posted in music | 2 Comments

Mark Knopfler

Posted in music | 1 Comment

Janis Joplin

Posted in music | 1 Comment

Estas Tonne

Posted in music | 2 Comments

Queensrÿche

Is there anybody listening? Is there anyone that sees what’s going on? Read between the lines, criticize the words they’re selling. Think for yourself and feel the walls become sand beneath your feet

Posted in music | 1 Comment

New Found Glory

I wonder why, I wonder why Only disasters flood the headlines, other peoples misery Are on for the next three hours, commercial free And I cant take much more of this Were all so wrapped up, in it Nothing will change, but the channel We all give in, we all complain We sit and wait, for things to change We’re waiting, we’re waiting

Posted in music | 2 Comments

Tom Waits

Posted in music | 1 Comment

Ry Cooder

Posted in music | 1 Comment

Muse

Posted in music | Leave a comment

Norah Jones

Posted in music | 4 Comments

小曽根真

Posted in music | 2 Comments

Barney Wilen, Mal Waldron

Posted in music | 2 Comments

Masabumi Kikuchi

Posted in music | 3 Comments

Dire Straits

Posted in music | 2 Comments

りりィ

死ぬ歌をつくっても 私は生きてる 泣く歌をつくっても 泣いてはいない なんにも云わないで わかるのは私 どうしようもないのは 定められたこと そして私は死ぬ歌をつくり なんども同じことを 繰り返す 死ぬ歌をつくっても 私は生きている 目をとじていても 寝てはいない 本当に死ぬ時は 歌はつくらない 今だけの命 今だけの歌 だけど 私は死ぬ歌をつくり なんども 同じことを繰り返す

Posted in music | 1 Comment

陳信輝

Posted in music | 1 Comment

藤竜也

ひとり飲む酒 悲しくて 映るグラスはブルースの色 たとえばトムウェイツなんて聞きたい夜は 横浜ホンキートンク・ブルース ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ フローズンダイキリなんかに酔いしれてた あんた知らない そんな女 横浜ホンキートンク・ブルース 飯を食うならオリジナルジョーズなんて 聞いたふうな事をぬかしてた アマ色の髪のサラって女さ 横浜ホンキートンク・ブルース あなたの影を捜し求めて ひとり彷徨ったこの街角 本牧あたりの昔の話さ 横浜ホンキートンク・ブルース 革ジャンはおってホロホロトロトロ バーボン片手に千鳥足 ニューグランドホテルの灯りが滲む センチメンタル ホンキートンク・マン ひとり飲む酒 わびしくて 映るグラスは 過去の色 あなた恋しい たそがれの横浜ホンキートンク・ブルース あなた恋しい たそがれの横浜ホンキートンク・ブルース

Posted in music | 1 Comment

Ronnie Van Zant, Gary Rossington

Boy, don’t you worry. You’ll find yourself. Follow your heart, And nothing else. You can do this, If you try. All that I want for you my son, Is to be satisfied. And be a simple kind of man. Be something you love and understand. Baby, be a simple kind of man. Oh won’t you do this for me son, If you can?

Posted in music | 3 Comments

Modern Jazz Quartet

Posted in music | 1 Comment

Billy Joel

I think music in itself is healing. It’s an explosive expression of humanity. It’s something we are all touched by. No matter what culture we’re from, everyone loves music.

Posted in music | 1 Comment

Robert Schumann

Posted in music | 2 Comments

Alabama Shakes

My life, your life Don’t cross them lines What you like, what I like Why can’t we both be right? Attacking, defending Until there’s nothing left worth winning Your pride and my pride Don’t waste my time I don’t wanna fight no more

Posted in music | 1 Comment

Led Zeppelin

Posted in music | 1 Comment

R-指定

俺がチラつかせるのは どこぞの誰かの後ろ盾 カネ 武勇伝どれでもねえ 自慢できる経歴も前科もねえ 腕っ節弱えもんで喧嘩もごめん

Posted in music | 1 Comment

张靓颖

Posted in music | 2 Comments

Pen

本当の人生の最後だったり、大好きな友や家族との別れだったり、恋の終わりだったり、何かを達成した瞬間だったり、ライブの最後だったり、一日の終わりだったり、最後に聴きたい歌と訊かれ、人はどんな最後の時をイメージするのだろうか? それが、いかなるシチュエーションであっても、きっとそこには忘れられない歌が存在する。 そんな大切な歌は、いつも心と寄り添いながら、その人の身体の一部になっていく。 あなたにとっての究極のラストシーンは? そしてラストソングは何ですか?

Posted in music | 1 Comment

Koichi Yamazaki

Posted in music | 2 Comments

Leonard Cohen

Ring the bells that still can ring Forget your perfect offering There is a crack, a crack in everything That’s how the light gets in.

Posted in music | 1 Comment

François Noudelmann

L’engagement de Sartre dans l’Histoire est connu, ses discussions avec Che Guevara, ses déclarations incendiaires contre la colonisation, ses harangues sur un tonneau de Billancourt… Sait-on qu’en pleine euphorie militante, Sartre réservait chaque jour du temps pour le piano ? Il déchiffrait des partitions de Chopin ou Debussy. L’homme qui incarnait son siècle vivait des intensités et des rythmes secrets. Comment la philosophie s’accorde-t-elle à cette pratique en contrebande ? Nietzsche, qui se rêvait compositeur plus que philosophe, adopta le piano comme son diapason, la table d’évaluation de ses idées, l’instrument de ses transfigurations intimes. Combattre Wagner, vaincre la lourdeur, épouser Lou, devenir méditerranéen… il joua sa vie sur le … Continue reading

Posted in music | 3 Comments

John Coltrane

Posted in music | 1 Comment

木田高介

ルーム・ライト(室内灯)/由紀さおり 神田川/かぐや姫 心が痛い/りりィ 私は泣いています/りりィ 風のいたみ/りりィ バイ・バイ・セッション・バンド/りりィ 坂道の少女/沢田聖子 雨/五輪真弓 HERE’S ANOTHER MORNING/木田高介 ICE CREAM ON THE ROAD/木田高介 グンゼ Tracy Austin/金子マリ、木田高介

Posted in music | 1 Comment

橘いずみ

自分の言いたいことを私は何も言わない 自分のやりたいことを私は何もできない 自分の為に泣いても人の為には泣けない 主義・主張を叫んで外を歩く勇気なんかない ひねもすベットに寝てるのは病人か赤ん坊 何もかもが嫌になるにはまだまだまだ若すぎる 誰かの喋る言葉で心なんて弾まない 明るく元気だけが取り柄の女になれない 他人の視線ばかり気にしてる人を認めない 社長の意見は必ずしも正しく思えない 月夜にいつも女はキスを待ってる訳じゃない 安いベットは軋む音がうるさくて気が滅入る 愛してないのに抱かれ他の人を夢見てる パチンと弾けて落ちたピンクのバラの花びら

Posted in music | 2 Comments

Billy Strayhorn

You must take the “A” train To go to Sugar Hill, way up in Harlem If you miss the “A” train You’ll find you missed the quickest way to Harlem Hurry, get on, now it’s coming Listen to those rails a-thrumming all aboard Get on the “A” train Soon you will be on Sugar Hill in Harlem

Posted in music | 2 Comments

Rie Watanabe

Posted in music | 3 Comments

Sonny Rollins

Posted in music | 1 Comment

Diana Ross

Posted in music | 2 Comments

外山喜雄, 恵子

Posted in music | 1 Comment

山崎弘一, 松井洋, 松風鑛一

Posted in music | 1 Comment

Syrup16g

Posted in music | 2 Comments

Patrick Bruel

Posted in music | 2 Comments

BABYMETAL

Posted in music | 1 Comment

OsBagatar

Posted in music | 1 Comment

Martha Argerich

Posted in music | 3 Comments

尾崎豊

Posted in music | 1 Comment

П. И. Чайковский, Martha Argerich, Nelson Freire

Posted in music | 1 Comment

sonorium

Posted in music | 1 Comment

Yefim Bronfman

Posted in music | 3 Comments

Stromae

Posted in music | 3 Comments

Seasick Steve

Posted in music | 2 Comments

五十嵐隆

抱き合って 溶け合って ただ子供みたいに 無邪気な笑顔で ああ空は そこで何をしてた ああ雲で 見えてなかった ああ雨は そこで何をしてた 涙で何も 見えてなかった

Posted in music | 4 Comments

Gibson

MEMORY CABLE APPLICATIONS THE WHEN, AND WHERE OF USING THE MEMORY CABLE SONGWRITING Memory Cable™ doesn’t have to be plugged into an amp—just plug into a guitar, bass, or keyboard, and start recording. IT’S A CABLE Memory Cable uses premium cable for pristine sound, and doesn’t even need power to work as a conventional cable. RECORD REHEARSALS Plug into the output of your PA mixer to record your rehearsals. COMPUTER RECORDING “INSURANCE.” Patch your guitar to a computer’s audio interface through the Memory Cable—if you forget to record-enable a track, think an earlier take was better, or the computer crashes, your performance will still be safely tucked away in the … Continue reading

Posted in music | 2 Comments

絢香

Posted in music | 1 Comment

Tom Waits

Posted in music | 2 Comments

高橋信之、高橋幸宏

Posted in music | 1 Comment

ウカスカジー

ゴールをもっと低くして これで良しとしてしまえば 日々の苛立ちから解放されて 過ごせるんだろうが たまに水溜まりにはまったり 人とぶつかったりする 人生が好き ゴールまでたどり着けるか? 途中で無様に消えるか? 頭でグルグル考えてみても 分かりゃしないんだよな 先の見えない不安なら ちょっぴりあるけど でも未知が好き あー 生きてるって感じ それを 感じながら生きていますか あー 最高って感じ それを 忘れずにこの道をいこうか 激しく

Posted in music | 1 Comment

Modern Jazz Quartet

Posted in music | 1 Comment

Hiromi Uehara, Tony Grey, Martin Valihora, David Fiuczynski

Posted in music | 1 Comment

Vladimir Horowitz

Posted in music | 1 Comment

Обозреватель

Posted in music | 3 Comments

Rod Stewart

I am sailing, I am sailing, home again ‘cross the sea. I am sailing, stormy waters, to be near you, to be free. I am flying, I am flying, like a bird ‘cross the sky. I am flying, passing high clouds, to be with you, to be free. Can you hear me, can you hear me thro’ the dark night, far away, I am dying, forever trying, to be with you, who can say.

Posted in music | 1 Comment

Koomee

12003-Sky Train

Posted in music | 1 Comment

Gyuto Monastery

Posted in music | Leave a comment

Olga Kern

Posted in music | 2 Comments

Ann & Nancy Wilson

Posted in music | 1 Comment

りりィ

 めずらしく街は 星でうずもれた  透みきるはずの 体のなかは  氷のように 冷たい言葉で  結ばれた糸が ちぎれてしまう   心が痛い 心がはりさけそうだ   なにも いわないで   さよならは ほしくないよ  ふたりの間に ひびわれたガラス  小さくふるえる うしろ姿も  終わりがきたのを 知らせるように  だんだん涙に 消えていった      心が痛い 心がはりさけそうだ   なにも いわないで   さよならは ほしくないよ

Posted in music | 1 Comment

Sergei Rachmaninoff

Piano Concerto No.3, Op.30 (Rachmaninoff, Sergei) I. Allegro ma non tanto (D minor) II. Intermezzo: Adagio (A major – D♭ major – C♯ major) III. Finale: Alla breve (D minor – D major) Score

Posted in music | 4 Comments

松本隆

誰かを真似したような「亜流」を作らないことが、自分のプライドでした。僕の詞を歌うことでそれぞれの歌手が全く違った個性の生命体として輝けるとしたら、とても嬉しいことです。 今までに2000作品以上を作ってきて感じるのは、コツコツと作品を積み重ねていく姿勢がとても大事だということ。人間っていきなり大きな岩を置くことはできないけど、小さな石を丹念に積んでいけば、後世に残るようなピラミッドや古墳を作れるかもしれないんです。 10年前からは、シューベルトの歌曲集を口語訳する仕事にも取り組んでいます。日本ではクラシックなどの古典芸術を「神棚」に飾って拝む傾向があって、以前から違和感を感じていました。 ある評論家が「50歳以下の人間は、“冬の旅”を歌っちゃいけない」って言ってたんだけど、作った本人のシューベルトは31歳で死んでるから矛盾してるよね(笑)。生身の人間が作った作品を神格化して祭り上げるようなことをしていると、芸術が自分で自分の首をしめるようなものです。 「他に誰もやらないなら、自分がやるしかない」と思って歌謡曲の仕事を少し休んで、現代の言葉で新たな訳をつけました。 一般的には、クラシックの作曲家は生前あまり評価されていなくて不遇だったみたいなイメージがあるけど、モーツァルトも「魔笛」という作品を大衆劇団と作ったりして、同時代の大衆からそれなりに支持されていたようです。 僕にとってのシューベルトは、元祖“ヒッピー”な存在(笑)。 定職につかないでぶらぶらして、酒代がないから代わりに譜面を置いて帰ってきちゃう、みたいなエピソードもあるし。 今から100年以上前に亡くなった素晴らしい作曲家の作品に言葉をつけることで、また新たな血が通うような気がして新鮮な気分になります。

Posted in music | 2 Comments

中森明菜

Posted in music | 2 Comments

中村明一

無意識のなかで、聞こえている音、そして脳に届いている音がある。「倍音」である。「倍音」とは、ある音が鳴った時にその音に共鳴、付随して生成する音のことである。日常私たちが、「ひとつの音」と思って聞いている中に、様々な音が含まれているのだ。この「倍音」により音色は作られる。同じ「ド」の音でも、ピアノと三味線では音色が全く違うのは、この「倍音」の構成が異なるためである。 人間は元々「倍音」に溢れた自然の中に住んでいた。雨、風、波、川の流れ、動物、鳥、虫、などの鳴き声。これらの音につつまれ、癒されていたのである。

Posted in music | 4 Comments

Synth School

Posted in music | 3 Comments

Vladimir Ovchinnikov

Posted in music | 3 Comments

Marc Ribot

Posted in music | 3 Comments

TOKIE

プロになろうなんて一切思っていなかったんです。今でも思ってないかも。でも逆に辞めようって思ったことはないですね。壁にぶつかっていく中で、どうやったらベースをずっと続けられるのかなあとか…。 元々はDEADENDというバンドのMORRIEさんがNYでライブをやるから、そこでベースを弾くっていうお仕事をいただいた時にそこで知り合った方々とバンドを組むことになったんですね。最初はもちろん英語も全然しゃべれないし…本当に右も左も分からないから怖かったですよ。何も計画性がないまま、ニューヨークでバンドができるってだけで二つ返事でやるやる!って引き受けちゃったから。 スーツケース1つにソフトケースに入ったベースをしょってニューヨークに行くって、今はなにかと厳しいので絶対にできないと思います。笑 マークされて止められちゃうだろうなあ。 ニューヨークにいきなり行ったのも本当に若さ故ですね。他にもそういう人がいたりして、当たり前なのかなと思っていた部分もあります。笑 実は当時たまたま日本で大きな仕事の依頼があったんですよ。でもニューヨークの方が楽しそうだなあと思ってそれを断ってまでニューヨークでの活動を選びました。 行ってホームシックになったりする人や、文化や生活に馴染めない人もいるとは聞きますけど、そういうことも考えてなかったですね。笑 大学なんかの留学みたいにキッチリとしたものではないですけど、思い切って行ってみればなんとかなっちゃったんですよ。

Posted in music | 1 Comment

りりィ

Posted in music | 1 Comment

八木正生

嘘つくの好き 泣くのも気持ちいい 拗ねた真似も好き わたし女だもの

Posted in music | 1 Comment

Cream

Posted in music | 1 Comment

Dire Straits

Posted in music | 1 Comment

Aidan Fisher, Steel Panther

Posted in music | 2 Comments