井上靖

M博士の「地球の生成」という書物の頁を開きながら、私は子供に解りよく説明してやる。
――物理学者は地熱から算定して地球の歴史は二千万年から四千万年の間だと断定した。しかるに後年、地質学者は海水の塩分から計算して八千七百万年、水成岩の生成の原理よりして三億三千万年の数字を出した。ところが更に輓近の科学は放射能の学説から、地球上の最古の岩石の年齢を十四億年乃至十六億年であると発表している。原子力時代の今日、地球の年齢の秘密はさらに驚異的数字をもって暴露されるかもしれない。しかるに人間生活の歴史は僅か五千年、日本民族の歴史は三千年に足らず、人生は五十年という。父は生れて四十年、そしておまえは十三年にみたぬと。
――私は突如語るべき言葉を喪失して口を噤んだ。人生への愛情が曾てない純粋無比の清冽さで襲ってきたからだ。

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to 井上靖

  1. shinichi says:

    人生

    by 井上靖

    第一詩集 (東京創元社)

    昭和三十三 (1958) 年三月

    http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/poem/inoueyasushi.html

  2. shinichi says:

    地球の歴史:2~4千万年 –> 8千7百万年 –> 3億3千万年 –> 14~16億年 (–> 46億年)

    人間生活の歴史:5千年 (–> 20万年)

    日本民族の歴史:3千年 (–> 2万4千年)

    人生:50年 (–> 80~90年)

Leave a Reply

Your email address will not be published.