ソン・ウォンヒョン

「まだ生まれていない赤ちゃん、こんにちは。私にお母さんになる資格があるか分からないけど、私の思いと考えを手紙に書こうと思う。少し前まで、私のお腹の中に君がいることを恥ずかしく思い、中絶することばかり考えていた。私の体に宿っている貴重な生命を軽く考え、酒やたばこ、薬などで君を苦しめたようだ。これからは、君が生まれるまで、私の体の中ですくすくと育ち、元気な赤ちゃんとして生まれてほしい。私の赤ちゃん、早く会いたい」
常習窃盗罪で少年審判に臨んだ少女(17)は、泣き出しそうな様子で手紙を読んだ。中学校在学中に家出した少女は、友人3人と共に車上狙いを繰り返し、4カ月後に逮捕された。調査を受けていたとき、妊娠17週との診断を受けた少女は、チョン・チョンホ裁判長に対し「知らない男から性的暴行を受け妊娠した。中絶したい」と打ち明けた。
だが、少女の話はうそだった。チョン裁判長の依頼を受け、青少年相談専門家のユン・ダラムさんが少女と面談した。少女はユンさんに対し、一緒に盗みを繰り返し、少年審判を受けている少年と性的関係を持ち、妊娠に至った、と打ち明けた。この話を聞いた千裁判長は苦悩した。「もし自宅に帰したら中絶するだろう。違法な中絶を許すわけにはいかない。しかし、自分が少女の親だとしたら、娘を『未婚の母』に仕立てる裁判所の処分に納得するだろうか」
少女は、元気な女の赤ちゃんを産んだ。チョン裁判長は「一つの生命を救う代わりに、少女の人生を台無しにするのではないかという思いもあったが、元気な赤ちゃんを無事に産んだとの知らせを聞き、うれしく思う。今後、幸せに生きていくことを望む」と話した。

This entry was posted in good. Bookmark the permalink.

2 Responses to ソン・ウォンヒョン

  1. shinichi says:

    妊娠した非行少女、裁判長の苦渋の選択の末に…

    裁判長、妊娠17週の少女を少年院に送致
    改心した少女、無事出産し「裁判長に感謝」

    ソン・ウォンヒョン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/01/16/2013011600963.html?ent_rank_news

  2. shinichi says:

     「まだ生まれていない赤ちゃん、こんにちは。私にお母さんになる資格があるか分からないけど、私の思いと考えを手紙に書こうと思う。少し前まで、私のお腹の中に君がいることを恥ずかしく思い、中絶することばかり考えていた。私の体に宿っている貴重な生命を軽く考え、酒やたばこ、薬などで君を苦しめたようだ。これからは、君が生まれるまで、私の体の中ですくすくと育ち、元気な赤ちゃんとして生まれてほしい。私の赤ちゃん、早く会いたい」

     昨年11月、昌原地裁少年部の法廷。常習窃盗罪で少年審判に臨んだ少女(17)は、泣き出しそうな様子で手紙を読んだ。中学校在学中の昨年3月に家出した少女は、友人3人と共に車上狙いを繰り返し、4カ月後の7月に逮捕された。少年分類審査院(日本の少年鑑別所に相当)で調査を受けていたとき、妊娠17週との診断を受けた少女は、少年審判を担当する昌原地裁の千宗湖(チョン・チョンホ)裁判長に対し「知らない男から性的暴行を受け妊娠した。中絶したい」と打ち明けた。

     だが、少女の話はうそだった。千裁判長の依頼を受け、青少年相談専門家のユン・ダラムさん(34)が少女と面談した。少女はユンさんに対し、一緒に盗みを繰り返し、少年審判を受けている少年と性的関係を持ち、妊娠に至った、と打ち明けた。この話を聞いた千裁判長は苦悩した。「もし(保護処分とすることで)自宅に帰したら中絶するだろう。違法な中絶を許すわけにはいかない。しかし、自分が少女の親だとしたら、娘を『未婚の母』に仕立てる裁判所の処分に納得するだろうか」

     千裁判長はひとまず、少女を少年院に送致することを決めた。通常、妊娠した非行少女は少年院に送致しないが、千裁判長は苦悩の末、少年院送致を決めたという。青少年相談専門家のユンさんもその後、少女や親を説得した。法廷を出る際、千裁判長に悪口を浴びせた少女はやがて、次第に心を開くようになった。子どもを産むことを決心した少女は少年院で、お腹の中の子どもに宛てて手紙を書き、千裁判長の前で読んだ。千裁判長が法廷で「私のことが憎らしいのではないか」と尋ねたところ、少女は「最初はそう思ったが、今は違う」と答えるほどになった。

     少女は今月10日、元気な女の赤ちゃんを産んだ。千裁判長は「(韓国では産後の女性が栄養を補うため食べる)ワカメスープを食べなさい」と言って小遣いを渡した。また千裁判長は裁判の途中にも、生まれてくる赤ちゃんのために産着をプレゼントした。青少年相談専門家のユンさんは「少女は『母親になる以上、生命の大切さを理解したい』と話した」と語った。

     千裁判長は「一つの生命を救う代わりに、少女の人生を台無しにするのではないかという思いもあったが、元気な赤ちゃんを無事に産んだとの知らせを聞き、うれしく思う。今後、幸せに生きていくことを望む」と話した。

Leave a Reply

Your email address will not be published.