Sebastian Thrun

SebastianThrun(Realizing the potential at his fingertips, Sebastian Thrun launched Udacity, an independent online education company that provides high quality education at low cost to virtually everyone.)

  • People really want good education. There is a huge need.
  • Hundreds of thousands of people just sign up because they really care. They really want to advance themselves and their lives and they don’t want to pay $50,000 or $100,000 to get there.
  • I think it’s the beginning of higher education. It’s the beginning of higher education for everybody.
This entry was posted in virtual. Bookmark the permalink.

2 Responses to Sebastian Thrun

  1. shinichi says:

    Is Sebastian Thrun’s Udacity the future of higher education?

    by William J. Bennett, CNN Contributor

    http://edition.cnn.com/2012/07/05/opinion/bennett-udacity-education/index.html

    Educators and policymakers have long dreamed of providing universal, low cost, first-class higher education. Their wish may come true soon thanks to an unlikely source: Silicon Valley.

    The mecca of the technology universe is in the process of revolutionizing higher education in a way that educators, colleges and universities cannot, or will not.

    One of the men responsible for what may be an Athens-like renaissance is Sebastian Thrun, Google’s vice president and pioneer in artificial intelligence and robotics. Known in science circles for his engineering feats — like Stanley, the self-driving car — Thrun is using his technological prowess to make quality higher education available to the world. I recently interviewed him on my radio show, “Morning In America.”

    Last year, while teaching a graduate level artificial intelligence class at Stanford University, Thrun lamented that his course could only reach 200 students in the suburbs of Palo Alto. So, he decided to offer his own free online class, with the same homework, quizzes and tests that he gives to Stanford students.

    He announced the proposal with a single e-mail. Before he knew it, he had a flood of takers. “Usually I reach about 200 students and now I reach 160,000,” said Thrun incredulously. “In my entire life of education I didn’t have as much an impact on people as I had in these two months.”

    By utilizing online videos and educational resources, Thrun’s class was being accessed by students from all corners of the world. In fact, the students themselves translated the class for free from English into 44 languages.

    Until now, an overwhelming number of these students — many in developing countries and lacking standard education credentials — never would have had a chance at a Stanford-level education. Yet, their appetite for quality education was strong.

    In fact, of all the students taking Thrun’s class globally and at Stanford, the top 410 students were online. The 411th top performer was a Stanford student. “We just found over 400 people in the world who outperformed the top Stanford student,” Thrun said.

    Realizing the potential at his fingertips, Thrun launched Udacity, an independent online education company that provides high quality education at low cost to virtually everyone. Udacity offers 11 STEM courses like “Introduction to Physics,” “Intro to Computer Science,” and “Web Application Engineering” — all free. There are no admissions offices and anyone can sign up. After the class, students can choose to certify their skills online or in one of Udacity’s 4,500 testing centers for a fee. Those certificates can then be sent to employers. In one course you can learn to make your own Google-style search engine in just seven weeks.

    The reaction has been overwhelming. “People really want good education. There is a huge need,” Thrun said. “Hundreds of thousands of people just sign up because they really care. They really want to advance themselves and their lives and they don’t want to pay $50,000 or $100,000 to get there.”

    The classes are structured much like university classes. But instead of traditional types of lectures, all-star professors give video presentations that directly engage and challenge students. Thrun is using technology not only to transform educational access and curriculums, but also teaching. For the past thousand years, professors have been lecturing at students. “[It’s] like trying to lose weight by watching a professor exercise,” quips Thrun. Now he is leading a new charge — interactive, student focused technology education.

    The results are inspiring. On my radio show alone early one morning, several listeners called in to say they already took classes through Udacity. One man had his sights set on graduate school but was too busy with family and work to ever finish along a traditional path. Now, through Udacity, he can take the STEM classes he wants when he wants. Another man, age 53, decided to change careers and go back to a local college to study computer science. When he heard of Udacity, he dropped out of school and signed up for an online course. He said he learned more in several weeks with Udacity than he did in an entire semester at the local college, and he paid nothing for it.

    As you can imagine, Thrun’s enterprise has rattled the foundations of the education establishment. His critics say that a Udacity certificate is worth nothing and how can one know the true identity of a student on the free-for-all jungle that is the Internet?

    I raised these questions to Thrun. He said Udacity has already partnered with more than 20 companies who verify and accept the certificates of course completion. Some are already hiring graduates of Udacity courses. Thrun is also working with other companies to design and tailor classes to specific needs in the work force. Soon, Udacity will be launching in-person testing centers to verify a student’s knowledge and skills.

    Udacity is simultaneously meeting the educational needs of the public and the vocational requirements of the labor force directly and efficiently, more so than we can say of many universities and colleges.

    I asked Thrun whether his enterprise and others like it will be the end of higher education as we know it — exclusive enclaves for a limited number of students at high tuitions? “I think it’s the beginning of higher education,” Thrun replied. “It’s the beginning of higher education for everybody.”

    Much of traditional American higher education prides itself on a false promotion of diversity, opportunity and excellence. But to my knowledge, with one class alone, Thrun has provided a level of diversity, opportunity and academic rigor not seen before. People from any country, any background and any income level can receive an elite education at virtually no cost. We have been talking about equal educational opportunity for years. What is going on here may be its true advent.

  2. shinichi says:

    スタンフォード大教授が巻き起こす、教育革命

    学歴は、インターネット大学でも手に入る

    by 瀧口 範子

    東洋経済 ONLINE

    http://toyokeizai.net/articles/-/12673

    セバスチャン・スランと聞いても、それが何者か、すぐにわかる人は少ないだろう。だが、これからのコンピュータ時代の中核を担っていく世界の何十万人もの若者にとって、この名前は彼らの未来と同義だと言っても過言ではない。

    スランは、オンライン教育サイトの「ウダシティー(Udacity)」の共同創設者だ。ウダシティーは、インターネット上で人工知能入門、ロボット自動車のプログラミング、起業入門などの授業を提供している。もちろん無料で、だ。

    ただ、セバスチャン・スランの肩書はそれだけではない。元スタンフォード大学機械エンジニアリング、およびコンピュータ・サイエンス学部教授、同時にグーグルの副社長で、未来的な研究開発を進めるグーグルXの担当だ。

    いや、肩書よりも、彼が何をやったかのほうがもっとすごい。スタンフォード大学では、人間のドライバーなしに走る自動走行車を開発して、2005年にDARPA(米国防省高等研究計画局)が主催したコンテストで、砂漠や山道を最速で走り抜いて1等を受賞した。グーグルの有名な自動走行車も、スランが数人の研究者を集めて開発した車だ。

    また、スリムなデザインでギーク(テクノロジーおたく)たちの間で人気のグーグルグラスも、スランの手によるものである。グーグルグラスは、眼鏡のように身につけるコンピュータで、音声で入力が可能、そしてユーザーが必要とすることを予測して、さまざまな情報を小さなスクリーンの中に表示してくれるものだ。

    紛争地域の少年や、母子家庭の母親たちまで

    この多彩な才能を発揮するスランは今、ウダシティーに自分の能力と時間を集中させている。ウダシティーの授業には、それぞれすでに数万人から数十万人もの生徒がいて、世界の先端の知識を学ぼうと懸命にインターネットにアクセスしているのだという。

    その中には、アフガニスタンで戦火を逃れながら、1時間のアクセスの間にウダシティーの宿題を済ませようと必死になっていた少年や、何とか新しい知識をマスターして、自分の資格を上げようと食らいついてきた母子家庭の母親たちもいたという。

    現在、インターネットで世界の多くの人々に開かれているオンライン教育サイトを、総称してMOOC(Massive Open Online Course)と呼ぶのだが、ウダシティーはその中でも科学やテクノロジーの先端分野に関する授業を開講していることが特徴だ。

    発信はシリコンバレーの中心地から、そして創設したのがスランとなれば、こうした分野に関心のある向きにはとても見過ごすことはできない、すごい機会である。

    スタンフォード大生が400位以下!

    ウダシティーがどのようにして始まったのかは、非常に興味深い話である。

    スタンフォード大学で11年に人工知能のクラスを担当していたスランは、この授業が受講している学部生200人だけにしかオープンにされていないのは残念だと思い、授業内容をインターネットに上げた。教科書や設問、テストなどすべて同じものだ。その200人の学生にもここで同じ内容が勉強できると伝えたのだが、登録したのはたった数人。

    ところが、その後、スランがこのオンライン授業のことをここで少し、あそこで少しと広めていくうちに、あっという間に受講者が16万人にも膨れ上がったのだという。

    バルト3国のリトアニアからアクセスする生徒だけでも、スタンフォード大学の正規受講生の200人を軽く上回ってしまった。

    アクセスする生徒は世界の国々に広がっていて、またボランティアたちが授業を40カ国語以上の言語に翻訳した。しかも、面白いのは、授業を受けたトップ生徒の400位までをオンラインの生徒が占め、401人目にやっとスタンフォード大学の学生がランクインしているという。

    今や、恵まれた大学に通う学生だからというだけでは、学習への熱意や能力が測れない時代がやってきたということにほかならない。

    スランは、グーグルでの仕事に集中するためにすでにスタンフォード大学での教授職を辞していたが、このオンライン授業での体験を経て、もうスタンフォードのような大学で教壇に立ちたいという気持ちはなくなってしまったという。

    「教授としてやってきて、教えることがこれほどのインパクトを持ったことは今までなかった」と彼は語っている。彼がスタンフォード大学で与えられていたのはテニュアーという、いわゆる終身の教授ポストである。アカデミアを目指す人々にとっては、喉から手が出るほど欲しいポストだ。だがスランは、それよりも教育の未来に賭けたいと思ったのである。

    ウダシティーの授業は、コンピュータ・サイエンスや物理学などの基礎から始まって、順々に高度なレベルへ進んでいけるように設計されている。最後にテストを受けて、授業修了証書が授与される。アメリカでは全米にある大学のテストセンターでも、修了テストを受けることができる。

    修了証書は、就職でも通用

    また、そのウダシティーの修了証書を認める大学も出てきた。アメリカやドイツでは、たとえばウダシティーでコンピュータ・サイエンスの入門を勉強すれば、次のステップを現実のキャンパスで受講できるようにする大学があるのだ。

    さらに、ウダシティーでの修了証書は企業への就職にも通用する。ウダシティー自身が、優秀な生徒を企業に斡旋することも行っており、そこから収入を得るというのが同社の収入モデルである。すでに二十数社が受け入れにかかわっている。

    さてこうしたことが示すのは何か。それはつまり、たとえ大学へ進学するための学費を出せなくても、このウダシティーで懸命に勉強すれば、成功への道が開かれるということだ。つまりウダシティーは、家庭環境、収入、年齢、国境など、すべての格差や境界を超えて、最高の教育を受けられる機会と、成功への道を与える場となっているのだ。

    スランはもともと、ドイツで生まれ育った。1967年生まれの45歳。ボン大学で博士号を取得した後、95年にアメリカに渡ってカーネギーメロン大学で研究職を得た。

    ロボット系ラボのディレクターを経て教授に昇格したが、その後スタンフォード大学へ移籍。自動走行車のコンテストの際に、グーグル共同創設者のラリー・ページに会って、グーグルにもかかわるようになった。無駄なことは言わない実直そうな外見だが、その頭脳は非常に多彩だ。

    スランは、スタンフォード大学で教えているときは厳しい先生で、できない学生をよく落第させていたという。だが、ウダシティーではそんなやり方をすっかり改めたという。できるだけ多くの生徒に成功してもらいたいと、心から願っているからだ。授業の修了証書をもらうまで、オンライン授業を繰り返し受けて、何度もテストを受けてもらえばいいと考えている。

    そして、こう語る。「ウダシティーは、高等教育をあらゆる人々に拓くためにあるのです」。

Leave a Reply

Your email address will not be published.