坂口弘

  • 獄吏らの列のあわひに立たされて今より君は死囚と言はる
  • おいそれと牢の届書に我が遺体の引き取り先を記せるものか
  • 試されてありと思はむ交通権剥奪されてつのる苛立ち
  • 前の日に知らせることもなさずしていきなり処刑するは正義か
  • これからは老い深まりし母親を我の処刑に怯えさするか
  • 首に縄をかけらるるその瞬間まで分からぬと思ふ死刑の恐怖
  • ふたたびをリンチの場面書かむとす恩寵なりと奮ひたつべし
  • 溜まるゆゑ掃除をせねばならぬとぞ塵芥に変わらぬ死囚の命
  • 衝撃は一瞬にしてその後は忘れ去らるる刑死者あはれ
  • 春に次ぐ秋の処刑に取るものも取敢えず母は面会に来り
  • 荒れ狂う処刑の嵐に身を曝ししきりと君に逢いたかりけり
  • ありがたし元被告なる呼称にて我を報じて呉るる新聞
  • 吾のことを元連合赤軍と書きてくれたる人に涙す
  • もし人が団扇にあふぎ呉れたらば涙流れむ人屋の吾は
  • 従軍慰安婦にあらず従軍慰安婦にされし人たちと書き給え君ら
  • 月曜日に執行指揮書は届くらし月曜日の朝はこころ重たし
  • 木曜日に髭を剃りつつ執行はもしや明日かといつも思へる
  • 後ろ手に手錠をされて執行をされる屈辱がたまらなく嫌だ
  • 叶ふなら絞首は否む広場での銃殺刑をむしろ願はむ
  • 大臣の椅子を射止めて堪へきれず笑みたる顔に恐怖す吾は
This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 坂口弘

  1. shinichi says:

    元連合赤軍死刑囚坂口弘氏の歌 
    “後ろ手に手錠をされて執行をされる屈辱がたまらなく嫌だ”

    http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/843dd0ff6ad8836bf75d1289b0a2659d

Leave a Reply

Your email address will not be published.