八木重吉

くもの ある日
くもは かなしい
くもの ない日
そらは さびしい

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

5 Responses to 八木重吉

  1. shinichi says:

    秋の瞳

    八木重吉

    http://www.aozora.gr.jp/cards/000013/files/11_20062.html

    くものある日
    くもは かなしい
    くもの ない日
    そらは さびしい

  2. shinichi says:

    在る日の こころ

    ある日の こころ
    山となり

    ある日の こころ
    空となり

    ある日の こころ
    わたしと なりて さぶし

  3. shinichi says:

    うつくしいもの

    わたしみづからのなかでもいい
    わたしの外の せかいでも いい
    どこにか 「ほんとうに 美しいもの」は ないのか
    それが 敵であつても かまわない
    及びがたくても よい
    ただ 在るといふことが 分りさへすれば、
    ああ ひさしくも これを追ふにつかれたこころ

  4. shinichi says:

    咲く心

    うれしきは
    こころ 咲きいづる日なり
    秋、山にむかひて うれひあれば
    わがこころ 花と咲くなり

  5. shinichi says:

    心 よ

    ほのかにも いろづいてゆく こころ
    われながら あいらしいこころよ
    ながれ ゆくものよ
    さあ それならば ゆくがいい
    「役立たぬもの」にあくがれて はてしなく
    まぼろしを 追ふて かぎりなく
    こころときめいて かけりゆけよ

Leave a Reply

Your email address will not be published.