丸山圭子

くもりガラスを伝わる 雨のしずくのように ただひとすじに ただひたむきに
それはばかげたあこがれか 気まぐれな恋だとしても 雨はきっと降り続く
くもりガラスをたたく 雨の音かぞえながら どうぞこのまま どうぞやまないで
さよならは涙とうらはら 冷めたコーヒーのようなもの だからいつまでもこのまま

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 丸山圭子

  1. shinichi says:

    どうぞこのまま

    by 丸山圭子

    この確かな 時間だけが
    今の二人に 与えられた
    唯一の 証しなのです

    ふれあうことの喜びを
    あなたのぬくもりに感じて
    そうして 生きているのです

    くもりガラスを 伝わる
    雨のしずくのように
    ただひとすじに ただひとすじに
    ただひたむきに

    それは ばかげたあこがれか
    気まぐれな恋だとしても
    雨は きっと 降り続く

    くもりガラスを たたく
    雨の音かぞえながら
    どうぞこのまま どうぞこのまま
    どうぞやまないで

    さよならは 涙とうらはら
    冷めたコーヒーのようなもの
    だから いつまでも このまま

    どうぞこのまま どうぞこのまま
    どうぞやまないで
    どうぞこのまま どうぞこのまま
    どうぞやまないで

Leave a Reply

Your email address will not be published.