黒井千次

KuroiSenji年齢相応に老いていくことの困難な時代が到来した。若さや体力ばかりが尊重され、歳にふさわしい生の形が見失われようとしている。幼年期や思春期や壮年期に、それぞれの季節にだけ稔る果実があるのだとしたら、老年期には老年の、老いに特有な美しい木の実があっても少しもおかしくはない筈だ。そしてかって存在した老いの形とは、その実を収穫するための身構えでもあったのだろう。
幼い孫を連れて遊びに来た息子や娘の一家を送り出す休日の夕暮れの光景は、平和で心和む眺めである。と同時に、ふとなにかの欠けてしまったような危うい気分を誘い出されるのは、そこに老いの形がはっきりとは認められぬ故であるような気がする。

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

3 Responses to 黒井千次

  1. shinichi says:

    老いのかたち

    by 黒井千次

  2. shinichi says:

    (sk)

    東郷克美推奨の一冊。

    黒井千次は、
    若い時に

    働くということ
    -実社会との出会い-

    という本を出し、
    年取って

    老いるということ

    という本を出した。

    頭のいい人ではある。

  3. Garfield says:

    黒井千次さんは、膵臓癌の手術を受けられたそうですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.