心敬

心もち肝要にて候
常に飛花落葉を見ても
草木の露をながめても
此世の夢まぼろしの心を思ひとり
ふるまひをやさしくして
幽玄に心をとめよ

氷ばかり艶なるはなし
苅田の原などの朝のうすこほり
古りたる檜皮の軒などのつらら
枯野の草木など
露霜のとぢたる風情
おもしろく艶にも侍らずや

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

4 Responses to 心敬

  1. shinichi says:

    Shinkei1
    水青し消えていくかの春の雪

    風おろす山松あおし雪の庭

    露青き草葉はかべに枯れやらで

    月に見ぬおぼろは花のにほひかな

    みる人を色なる月のひかりかな

    松の葉に冬野の色は残りけり


  2. shinichi says:

    水青し消えていくかの春の雪
    朝すずみ水の衣かる木かげかな
    山深しこころにおつる秋の水
    日を寒み水も衣きるこほりかな

  3. shinichi says:

    Shinkei2月前述懐

    心敬

    こしかたも帰る
    ところも
    知らぬ身を
    おもへば
    そらにみする
    つきかな


Leave a Reply

Your email address will not be published.