井上靖

匈奴は平原に何百尺かの殆ど信じられぬくらいの深い穴を穿ち、死者をそこに葬り、 一匹の駱駝を殉死せしめて、その血をその墓所の上に注ぐ風習があった。
雑草は忽ちにしてそこを覆い、その墓所の所在を判らなくするが、翌年遺族たちは駱駝を連れて平原をさまよい、 駱駝が己が同族の血を嗅ぎ当てて咆哮するところに祭壇を造って、死者に供養したと言う。
私はこの話が好きだ。この話の故に匈奴という古代の遊牧民族を信用できる気になる。
因みに彼等の考え方に依れば、そのような平原を地殻と言い、そのような平原の果てに沈む太陽を落日と言う。そして またそのような平原に降り積む雪を降雪と言うのである。

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 井上靖

  1. shinichi says:

    落日

    by 井上靖

Leave a Reply

Your email address will not be published.