Francesco

La-popstar-Utada-Hikaru-sposera-Francesco-un-barista-di-Fasanoみなさん、こんにちは!
ヒカルの婚約者です。既にご存知かと思いますが、ロンドンのホテルでバーテンダーとして働いています。
私はバーテンダーという堅実な仕事をし、それにより地道に生活を営んでいます。他の人と何も変わりません。私は普通の家庭で育ちました。私の家族は故郷の町の皆から愛され慕われている誠実な人たちで、私に正直さ、愛、献身、勤勉さの意味を教えてくれました。家族は私に多くを望むことを求めたことはなく、ただ希望と勇気をもって人生に向き合う道を示してくれました。
私のような普通の仕事をしている平凡な男が、ヒカルのようなスーパースターと一緒になるということが不思議に感じられるかもしれません。私自身も初めは信じられませんでした。
私たちは出会い、時とともに互いのことを知るにつれ沢山の共通点を発見しました。その共通点の一つが、相手に対する気持ち、互いへの深い愛でした。
正直なところ、ロンドンで将来を切り開いてみようと故郷のプーリアを出た時には、まさかこのようなことになるとは夢にも思いませんでした。しかし、これは神が定めた事であり、私はそれを信じます。
少ない言葉ではありますが、このメッセージを私の自己紹介とさせて頂きます。

This entry was posted in simple. Bookmark the permalink.

2 Responses to Francesco

  1. shinichi says:

    イタリアのファンの皆様、報道関係者の皆様、その他関心を寄せてくださっている皆様へ

    http://www.utadahikaru.jp/from-hikki/

    イタリア人の一般男性と私の結婚が、イタリア国内で予期せぬ大反響を呼んでいるため、この場で私から一言、そして私の婚約者から彼自身の言葉でご挨拶をさせていただきたいと思います。(主にイタリアのメディアに向けた英語・イタリア語の原文から日本語に訳されている文章であることをご了承ください)

    イタリアのファンの皆様、報道関係者の皆様、その他関心を寄せてくださっている皆様へ

    私とイタリア人の一般男性との結婚が、イタリアでこれほど注目を浴びるとは全く予期していませんでした。

    私にとって彼はただ「大切な男(ヒト)」であり、彼にとって私はただ「大切な女(ヒト)」です。出会いの経緯について多くの問い合わせを頂いておりますが、事実はつまらないもので、共通の友人を通して知り合いました。私よりも若い彼ですが、家族・友人・仕事・人生・愛などについての価値観は私よりもしっかりしている部分が多々あります。ご家族と触れ合い、その理由がよく分かりました。

    イタリアでの暖かい反響にとても感動していますが、どうか彼と彼の家族のプライバシーを尊重して頂けますようお願い致します。世間の注目の的になることは精神的に大きな負担であり、恐いものでさえあります。私のせいで私の新しい家族が辛い思いをしたり危険な目に合うのは、とても悲しいです。

    私のファンが、結婚式当日、式場へバスツアーを企画しているという噂を耳にしました。ファンの皆さんのご支援にはいつも、本当に感謝しています、そして祝福のお気持ちに感激しています…なのでこんなことを言わなきゃいけないのはとても心苦しいのですが、結婚式はショーではないということをどうかご理解ください。より適切な環境でお会いできる日を楽しみにしています。

    結婚式などの様子は、写真にて公表させていただきたいと思います。当日発生し得る混乱を少しでも避けることが出来れば、と願っています。

    ありがとうございます。

    宇多田ヒカル

    ————————————–

    みなさん、こんにちは!
    ヒカルの婚約者です。既にご存知かと思いますが、ロンドンのホテルでバーテンダーとして働いています。

    私はバーテンダーという堅実な仕事をし、それにより地道に生活を営んでいます。他の人と何も変わりません。私は普通の家庭で育ちました。私の家族は故郷の町の皆から愛され慕われている誠実な人たちで、私に正直さ、愛、献身、勤勉さの意味を教えてくれました。家族は私に多くを望むことを求めたことはなく、ただ希望と勇気をもって人生に向き合う道を示してくれました。

    私のような普通の仕事をしている平凡な男が、ヒカルのようなスーパースターと一緒になるということが不思議に感じられるかもしれません。私自身も初めは信じられませんでした。

    私たちは出会い、時とともに互いのことを知るにつれ沢山の共通点を発見しました。その共通点の一つが、相手に対する気持ち、互いへの深い愛でした。

    正直なところ、ロンドンで将来を切り開いてみようと故郷のプーリアを出た時には、まさかこのようなことになるとは夢にも思いませんでした。しかし、これは神が定めた事であり、私はそれを信じます。

    少ない言葉ではありますが、このメッセージを私の自己紹介とさせて頂きます。ファンやメディアの方々、そして私が本当に誇りに思っているイタリアの皆さんにお願いします。どうか私の未来の妻となる女性と私の第二の父となる宇多田照實さん、そして私の家族に対し、彼らの生活を尊重し暖かく見守ってください。

    皆さんのご理解に感謝いたします。

    心を込めて
    フランチェスコ

  2. shinichi says:

    Vorrei inviare un messaggio ai miei fan in Italia, e a tutti i membri della stampa italiana (ed a tutte le altrepersone curiose).

    http://www.utadahikaru.jp/from-hikki/ex/

    Data l’inaspettata intensità’ dei media riguardo le nostre nozze in Italia, per favore permetteteci(al mio fidanzato e a me) di esprime i nostri sentimenti con parole nostre.

    Vorrei inviare un messaggio ai miei fan in Italia, e a tutti i membri della stampa italiana (ed a tutte le altrepersone curiose).

    Non credevo che la notizia del mio matrimonio con un “normale” ragazzo italiano potesse incontrare così tanto entusiasmo in Italia.

    Ai miei occhi, il mio fidanzato è solo il “mio uomo” e per lui io sono solo “la sua donna”. Molti giornalisti hanno chiesto come ci siamo incontrati. A dire il vero, la storia è abbastanza noiosa… Ci siamo conosciuti attraverso un amico comune. Lui è più giovane di me, ma per certi aspetti più maturo. Ero attratta dal suo coraggio e dai suoi valori sulla famiglia, sugli amici, sul lavoro, sulla vita, sull’amore… E quando ho conosciuto la sua famiglia, ho capito da dove nasceva tutto.

    Sono toccata ed entusiasta del caldo benvenuto di tanti italiani… Ma vi devo pregare di rispettare la privacy del mio fidanzato e della sua famiglia. Essere il bersaglio dell’attenzione del pubblico può diventare molto stressante e spaventoso, e mi renderebbe molto triste vedere la mia nuova famiglia pressata o minacciata per colpa mia.

    Circolano voci che alcuni fan vorrebbero organizzare un viaggio nel luogo del nostro matrimonio. Sono sempre stata grata per il supporto di quei fan che mi sono fedeli, ed è davvero incredibile sentire l’emozione che condividete con me, e quindi mi spezza il cuore dovervi dire tutto questo, ma vi chiedo di capire che un matrimonio non è uno spettacolo. Spero un giorno di incontrarvi in circostanze più adatte.
    E con questo noi vorremmo condividere le foto del nostro matrimonio con voi, sperando che allevi qualsiasi tipo di caos nel giorno del matrimonio.

    Grazie di cuore.

    Hikaru Utada

    ————————————–

    Salve a tutti,

    Come ormai tutti sapete sono il fidanzato di Hikaru e lavoro come bartender in una struttura alberghiera londinese.

    E’ un lavoro dignitoso che mi permette di vivere discretamente aiutandomi a soddisfare le mie esigenze quotidiane come qualunque persona al mondo.

    Appartengo ad una famiglia umile, onesta , amata e rispettata dalla gente del mio paese; una famiglia che mi ha insegnato l’amore per il prossimo, l’onestà, il senso del sacrificio e del lavoro.

    Una famiglia che non m’ha fatto mai mancare nulla e, soprattutto, una famiglia che mi ha insegnato ad andare incontro alla vita sempre con ottimismo e coraggio.

    Vi sembrerà’ strano sapere che un ragazzo di provincia come me, che svolge un lavoro normale , abbia una relazione con una superstar come Hikaru, e bene si ragazzi, all’inizio anch’io stentavo nel crederci.

    Le nostre strade si sono incrociate e con il passare del tempo abbiamo imparato a conoscerci scoprendo di avere molte cose in comune tra le quali, in primis, l’amore reciproco e profondo che c’è fra noi.

    Ad essere sincero, quando lasciai la mia amata Puglia per cercare di costruire il mio futuro in quel di Londra, non avrei mai immaginato di ritrovarmi nella situazione odierna, ma se questo è quello che il signore ha deciso per me, io confido in lui.

    Con questo breve messaggio voglio solo presentarmi a voi, fans e giornalisti ,ma sopratutto a voi italiani,che siete la gente di cui vado fiero, chiedendovi di rispettare e dare il massimo supporto a colei che in futuro sarà’ la mia sposa, al Sig.r Teruzane colui che in futuro sarà’ il mio secondo papà e ultima ma non per importanza la mia famiglia.

    Vi ringrazio sapendo che voi capirete.

    Un grosso salute

    Francesco.

Leave a Reply

Your email address will not be published.