Yuichi Nishimura

Nishimura

This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

2 Responses to Yuichi Nishimura

  1. shinichi says:

    元W杯レフェリーが西村主審に苦言

    「こういった試合に慣れているレフェリーには起こらないミス」

    http://www.goal.com/jp/news/5256/2014%E5%B9%B4w%E6%9D%AF/2014/06/13/4878967/%E5%85%83w%E6%9D%AF%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%B8%BB%E5%AF%A9%E3%81%AB%E8%8B%A6%E8%A8%80

    ワールドカップ(W杯)開幕戦で見せた西村雄一主審のジャッジが議論を呼んでいる。過去にW杯で笛を吹いた経験のあるスイス人レフェリーのウルス・マイヤー氏は、判定が正しくなかったと考えている。

    注目を集めているのは、1ー1で迎えた69分の判定だ。ブラジルFWフレッジがペナルティーエリア内で倒れると、西村主審はクロアチアDFデヤン・ロブレンのファウルを取っている。このPKをFWネイマールが決めて、ブラジルが逆転した。

    マイヤー氏がドイツ『ZDF』で次のように話している。

    「フレッジは(元イタリア代表FWフィリッポ・)インザーギのように倒れた。彼はボディコンタクトを待っていたね。こういった間違いは、このような試合に慣れているレフェリーなら起こらない。コンスタントにチャンピオンズリーグのようなゲームをさばくと、もっとうまくこういった状況を見極めることができる」

    「接触は本当にわずかだった。レフェリーの位置も悪く、良い角度に入ろうとしていなかったね。彼はフレッジにイエローカードを出さなければいけなかった」

  2. shinichi says:

    (sk)

    71分、Oscar からのパスを受けた Fred がペナルティエリア内で倒れ、西村雄一主審はPKの判定。ファールを犯した Dejan Lovren にはイエローカードが出された。

    クロアチアの Niko Kovac 監督は

    “If that was a penalty, we should be playing basketball. Those kinds of fouls are penalized there.”

    と言い、さらに

    “That is shameful, this is not a World Cup referee. He had one kind of criteria for them and another for us. The rules were not the same.”

    と続けた。.

    西村主審が「少しでも手をかけるとすぐに笛を吹く」ということを知らなかったブラジルは、4年前に南アフリカで酷い目にあった。

    今回はそのことをしっかり頭に叩き込んでいたらしく、David Luiz も Thiago Silva も手を後ろにして守ってたし、Fred も手をかけられてすぐに倒れた。

    知らなかったクロアチアは酷い目にあったけれど、審判のクセを知ることもゲームのうちと考えれば、それを怠ったクロアチアが悪いということになる。

    それにしても、こんなにも癖があり、しかも毀誉褒貶の激しい人をワールドカップの初戦の主審にするなんて、FIFA もすごいことをしたものだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.