聖母の騎士

1980年10月13日、東京清瀬市にあるベトレヘムの園病院で、入院中のゼノ・ゼブロフスキー修道士に、ささやかな”賞”が贈られた。賞の名は「日本善行賞」。その賞の授与式に、看護婦さんらに付き添われて車椅子で出席したゼノさんは、表彰状が読み上げられている最中、周りの人たちが、びっくりするような大声で、「ワタシ、五○ネン、ハタラキマーシタ」と言った。
ゼノさんが体力の衰えで病院入りしたのは1978年9月5日。もう二年もベッドの上の生活が続いている。
マキシミリアン・コルベ神父に伴われて、ゼノさんは1930年4月、初めて長崎の土を踏んだ。当時の早坂司教の好意で、大浦にある長崎司教館に一ヶ月ほど住み込ませてもらった。 コルベ神父は、上陸後ただちに、雑誌『聖母の騎士』の発行にとりかかり、一ヶ月後の5月、創刊号が出た。これが本誌の〝産ぶ声”である。
創刊当時のゼノさんは、30代の働き盛り、コルベ神父の片腕として大活躍した。印刷機械の購入、修道院の土地探し、騎士誌の配布、机や椅子などの家具作り、炊事、と何でもこなせる万能選手だった。
戦時中は、コルベ神父なきあとの修道院を支えた。神学生たちの世話をするため、ミロハナ神父とゼノさんだけが、外国人収容所行きを免れた。
そして終戦。修道院に戦災孤児を収容したのが、ゼノさんだったが、戦後35年、ゼノさんの役割は今、終わろうとしている。

This entry was posted in belief. Bookmark the permalink.

1 Response to 聖母の騎士

  1. shinichi says:

    「ワタシ、五○ネン、ハタラキマーシタ」

    『聖母の騎士』1980年12月号

     去る10月13日、東京清瀬市にあるベトレヘムの園病院で、入院中のゼノ・ゼブロフスキー修道士に、ささやかな”賞”が贈られた。

     賞の名は「日本善行賞」。その賞の授与式に、看護婦さんらに付き添われて車椅子で出席したゼノさんは、表彰状が読み上げられている最中、周りの人たちが、びっくりするような大声で、「ワタシ、五○ネン、ハタラキマーシタ」と言った。

     ゼノさんが体力の衰えで病院入りしたのは1978年9月5日。もう二年もベッドの上の生活が続いている。

     元気だった頃のゼノさんは、一日として修道院に閉じこもることはなかった。

     「カワイソーナヒト、タクサンイマス」と言っては、東京の街を歩き回り、寄付を仰いだ。いつも抱えていた黒カバンの中には、マリアさまの御絵をつめ込み、それを電車やバスの中で隣りの人に渡した。「オイノリ、タノミマス」と言って。

     ゼノさんにとって、今年は来日五○周年の記念すべき年だった。

     病床では、往年のおしゃべりもほとんどできなくなったが、修道士ゼノは、健在のようだ。

     「真夜中に目ざめて、『キョーカイ、イキマショウ』と言い出すこともあるんですよ」と、看護係の林田ハツノさんが話してくれた。

     気分のいい日は、近くの聖堂に連れて行ってもらって、お祈りをする。お祈りを通して、今も働く気持ちをゼノさんは失っていないのだろう。

     マキシミリアン・コルベ神父に伴われて、ゼノさんは1930年(昭和5年)4月、初めて長崎の土を踏んだ。当時の早坂司教の好意で、大浦にある長崎司教館に一ヶ月ほど住み込ませてもらった。

     コルベ神父は、上陸後ただちに、雑誌『聖母の騎士』の発行にとりかかり、一ヶ月後の5月、創刊号が出た。これが本誌の〝産ぶ声”である。

     創刊当時のゼノさんは、30代の働き盛り、コルベ神父の片腕として大活躍した。印刷機械の購入、修道院の土地探し、騎士誌の配布、机や椅子などの家具作り、炊事、と何でもこなせる万能選手だった。

     戦時中は、コルベ神父なきあとの修道院を支えた。神学生たちの世話をするため、ミロハナ神父とゼノさんだけが、外国人収容所行きを免れた。

     そして終戦。修道院に戦災孤児を収容したのが、ゼノさんだったが、戦後35年、ゼノさんの役割は今、ボランティア運動の高まりとともに終わろうとしている。ゼノ89歳。

    (その後、ゼノ師は1982年4月24日に帰天。ご遺体はカトリック府中墓地に埋葬された。)

Leave a Reply

Your email address will not be published.