石牟礼道子

おとろしか。おもいだそうごたなか。人間じゃなかごたる死に方したばい、さつきは。わたしはまる1ヶ月、ひとめも眠らんじゃったばい。九平と、さつきと、わたしと、誰が一番に死ぬじゃろかと思うとった。いちばん丈夫とおもうとったさつきがやられました。白浜の避病院に入れられて。あそこに入れられればすぐ先に火葬場はあるし。避病院から先はもう娑婆じゃなか。今日もまだ死んどらんのじゃろか。そげんおもいよった。上で、寝台の上にさつきがおります。ギリギリ舞うとですばい。寝台の上で。手と足で天ばつかんで。背中で舞いますと。これが自分が産んだ娘じゃろかと思うようになりました。犬か猫の死にぎわのごたった。

This entry was posted in real. Bookmark the permalink.

2 Responses to 石牟礼道子

  1. shinichi says:

    苦海浄土

    by 石牟礼道子

  2. shinichi says:

    (sk)

    こういう文章を前にすると、方言のちからを痛感させられる。方言が効果的に使われると、怒り、悲しみ、喜びといった感情や感動が、とてもよく伝わってくる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.