谷川俊太郎

誰にでも自分に必要な言葉ってのがあると思う。でもそれが前もって分かってる訳じゃない。その言葉に接して初めて、ああこういう言葉を自分は欲していたんだと知る。必要な言葉はアタマやココロだけでなく、カラダの奥にまで入ってくる、いわゆる〈腑に落ちる〉んだ。
このごろ、小説の言葉がぼくには不要になりつつある。面白いけどいまこういう言葉は自分に必要じゃないと感じてしまう。年取って人生の基本が腑に落ちてくると、細部がどうでもよくなってくるのかもしれない。詩の言葉はいまだに不要じゃないようだ。これは自分でも書いてるから。

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

One Response to 谷川俊太郎

  1. shinichi says:

    必要な言葉

    谷川俊太郎.com

    http://www.tanikawashuntaro.com/archives/1667

    最近こういう言葉こそ自分には必要だったんだと痛感した本2冊。あえて中身は紹介しない。ぼくを信じて読んでほしいから。

    『知ろうとすること』早野龍五/糸井重里 新潮文庫 ¥430+税
    『憲法の「空語」を充たすために』内田樹 かもがわ出版 ¥900+税

    (俊)

Leave a Reply

Your email address will not be published.