タモリ

俺、この疑問、今日は半藤さんに聞きたいんですけど、この戦後の疑問が解ければ、あとの歴史はどうだっていいんで、僕にとっては。これ、不思議なのは、終戦って言いますけど敗戦ですよね。まあ正確に言えば敗戦ですね。で終戦と言う訳ですよね。あれは占領軍ですよね。ええそうです。でも進駐軍と言いましたね。進駐軍と言いましたね。マッカーサーは、敵国から乗り込んできたのに、帰る時はみんなで涙流して、おやじ呼ばわりの感じがあるんですよ。それを、どうやって。負けたのに、敵国なのに、すごい味方に変えていくのは、日本人の一体どういう才能なのか。
**
僕、あの、この堺君とかほかの皆さんとは違って、あるものを、言葉を、全部信用してませんから。それを解体したいんですね。コミュニケーションも解体したいんですよ。え?どういう事ですか?その、いわゆる言葉っていうのは、意味ですから。で、意味の連鎖が社会の秩序とか価値になってる訳です。それを解体すれば、なにも意味がなくなってくるわけですよね。意味の連鎖というのは非常に重いものです。人間にとって。なぜその解体したいんですか?みんな秩序があった方が動きやすいし、生きやすいど。僕らの上の世代の、重苦しい文化の雰囲気でしょうね。重いものがいい、暗いものがいい、言葉には意味があるとか、いうのの反発でしたね。ですから、赤塚不二夫もその反発じゃなかったと思うんですけどね。ああいう、ひたすら、ひたすら意味がないですよね。

This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

2 Responses to タモリ

  1. shinichi says:

    戦後70年 ニッポンの肖像

    プロローグ 私たちはどう生きてきたか

    NHKスペシャル

    http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0101_2/index.html

    戦後70年の節目の年を迎える2015年。
    これからの日本や日本人に何が必要なのかを考えるために、戦後日本人の70年間の歩みを振り返る。

    1945年8月、終戦の1週間後に生まれ、今年70歳になるタモリさん、高度経済成長期に生まれた堺雅人さんなど、各世代を代表するゲストをスタジオに招き、戦後復興から高度成長、バブル崩壊、そして現在に至るまで、NHKの豊富な映像や全国3600人に行った世論調査の結果をもとに日本人の生き様についてじっくりと語る。

    ゲスト
    タモリ、堺雅人、中園ミホ、半藤一利

    キャスター
    三宅民夫、有働由美子

    **

    http://o.x0.com/m/123063

  2. shinichi says:

    (sk)

    タモリはどんな情報も信じない。そういうところは五木寛之に似ている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.