和久井祥平

2007 年 4 月、三井物産が国内初となる船舶投資ファンドを設立した。「Akebono
Capital」と名付けられたこのファンドは、シンガポール政府が船舶ファイナンスの振
興を目的として実施している優遇税制“Maritime Finance Incentive(MFI)”を利用し、
シンガポールに設立された。
続く 6 月には不動産ファンド運営の GCM が「GS イーグルファンド」という船舶投資
ファンドを設立すると報じられた。また、それらに先立つ 2007 年 1 月には、みずほ証
券が1,000億円規模の船舶投資ファンドを設立すると発表している。
海外に目を向けると、シンガポール取引所に3つの船舶投資ファンドが上場している。
また、先のMFIは、昨年施行されて以来、「Akebono Capital」を含む4ファンドが適用
を受けている。

This entry was posted in globalization. Bookmark the permalink.

2 Responses to 和久井祥平

  1. shinichi says:

    船舶投資ファンドの登場とその将来性

    住友信託銀行 調査月報

    http://www.smtb.jp/others/report/economy/stb/pdf/675_2.pdf

  2. shinichi says:

    ファンド名: Akebono Capital

    設立時期: 2007.4

    系列: 三井物産、エクセノヤマミズ、ユニアジア・ファイナンス・コーポレーション

    保有船舶: コンテナ船、バルクキャリア、プロダクトタンカー 計6隻

    目標利回り: 15%~20%

    投資規模: 350億~1000億円

Leave a Reply

Your email address will not be published.