鶴見俊輔

Tsurumi15歳で渡米し、太平洋戦争が始まったときはハーバード大学に在学中でした。敵国人として留置場に入れられた後、交換船で日本に帰国した鶴見さん。アメリカにいても、日本に帰ってからも、自分を「外人」だと感じて生きてきました。ただ、その頼りない気分が今も残っていて、自分のくらしを支える力になっていると言います。タイトルに留まらず、「今もわたしは外人だ」と述べる著者のメッセージは、読者に「きみも、本当は外人なのではないか?」と問いかけます。


This entry was posted in globalization. Bookmark the permalink.

1 Response to 鶴見俊輔

  1. shinichi says:

    わたしが外人だったころ 

    鶴見俊輔・文

    佐々木マキ・絵

    留置場での体験などについて、鶴見さんの記憶はとても鮮明。そこでの仲間の様子などを、どこかユーモラスな文章で伝えます。本全体のともすれば重くなりそうな雰囲気を、佐々木マキさんの絵がやわらかく受けとめて、読みやすい絵本に仕上がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.