ARTICLE 19

ARTICLE 19 recently visited Japan and met with a range of officials, academics, journalists, lawyers and members of civil society, who raised numerous concerns about freedom of expression and information in Japan, including the pressure on mainstream media to remain uncritical of government policies.
Threats to freedom of expression and information in Japan appear to be on the increase. These include threats to broadcasters of parliamentary investigations and the withdrawal of licenses under the Broadcasting Act; expanding secrecy following the adoption of the 2014 Act on the Protection of Specially Designated Secrets; and proposed revisions to the Constitution which would limit freedom of expression and association.

This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

2 Responses to ARTICLE 19

  1. shinichi says:

    Japan: Concern at Japanese government snub of UN expert on free expression

    by ARTICLE 19

    https://www.article19.org/resources.php/resource/38198/en/japan:-concern-at-japanese-government-snub-of-un-expert-on-free-expression

    ARTICLE 19 is disappointed that the Government of Japan has, at the last minute, cancelled the visit of David Kaye, the UN Special Rapporteur for Freedom of Expression. The Government claimed that it was not able to schedule meetings with officials, having themselves invited him for an official visit months previously.

    Thomas Hughes, Executive Director of ARTICLE 19 commented:

    “Scrutiny of official attitudes to freedom of expression should be unproblematic, and indeed a priority, for a democratic country like Japan.”

    “ARTICLE 19 is surprised that the Japanese government has been unwilling to meet the UN’s independent expert during his review of the country’s compliance with international norms around freedom of expression, particularly in the context of the growing criticism levelled at Japan in recent years,” added Hughes.

  2. shinichi says:

    国連表現の⾃由特別報告者の訪問を拒んだ⽇本政府に懸念を表明する

    Article19

    https://www.article19.org/data/files/medialibrary/38198/Article19_201511PR-japanese.pdf

    Article19 は、⽇本政府が政府職員の業務スケジュールに照らして対応できない旨を主張して、最終段
    階になってデイビッド・ケイ国連表現の⾃由特別報告者の訪問をキャンセルしたことに、失望している。

    Article19 のトーマス・ヒューズ事務局⻑は、次のように述べている。

    「表現の⾃由に対する当局の姿勢の詳細な調査は、問題にされるべきものではない。⽇本政府のような⺠
    主主義国にとっては、いうまでもなく優先度の⾼いものである。⽇本政府は、デイビッド・ケイに会う時間を⾒
    つけることができないことを⼼配している。
    Article19 として驚くことは、⽇本政府が、特に近年の⽇本における⾼まる批判という⽂脈の中で、表現の
    ⾃由を取り巻く国際基準の国内における遵守についての審査のために、国連の独⽴専⾨家に会いたがら
    ないことだ。」

    Article19 は最近、⽇本を訪問し、政府関係者、研究者、ジャーナリスト、弁護⼠、市⺠社会組織のメン
    バーといった⼈々に会い、政府の⽅針に対して主要メディアを無批判にさせている圧⼒を含めて、⽇本にお
    ける表現の⾃由と情報の⾃由に関する多くの懸念が表明された。

    ⽇本における表現の⾃由と情報の⾃由に対する脅威は、増⼤しているようである。脅威には、放送の国会
    による監視や放送法に基づく免許の取り消しという脅威、2014 年制定の特定秘密保護法による秘密の
    拡⼤、表現の⾃由と集会の⾃由を制限する憲法改正案の提⽰などがある。

    Article19 の最近の「アジアにおける情報への権利に関する報告書」では、これらのいくつかの脅威の詳細
    を調査し、情報公開法に基づく情報公開請求を⾏うものに対して影響を及ぼす圧⼒を注記している。

    Article19 は、⽇本政府に対してデイビッド・ケイの⽇本訪問のキャンセルを再考し、早期に顔を合わせて
    議論をする機会を設定することを求める。

Leave a Reply

Your email address will not be published.