デービッド・アトキンソン

ただ、何をもって、何と比べて、何がどう違うかがあいまいなまま、わざわざ「世界に誇るおもてなしの心」などということをコンセプトに入れるのは、日本人に向かってならともかく、外国人に対してはやめておいたほうがよいということを申し上げているのです。
プロジェクトのコンセプトというのは、やはり重要であり、このような上から目線」の考え方はすべてにあらわれ てしまいます。そして、まだ日本のことをよく知らない外国人の目には、その商品と「おもてなしの心」の関連性は、非常に奇怪に映ってしまう恐れがあるのです。
逆を考えてみましょう。たとえば、先の国際観光客到着数ランキング(図表 2 – 2 )を見てみると、ヨーロッパにおいて国際観光客到着数で日本(2013年は1036万人)と同レベルの国を探すと、ハンガリー( 1068 万人)、クロアチア( 1096 万人)という国が挙がります。両国とも実際に足を運んでみればいい国でしょうし、見どころもたくさんあるでしょう。ただ、ひとつはっきりと断言できるのは、世界的な評価においても、数字としての評価においても、両国は「観光立国」ではないということです。もちろん、ヨーロッパにおいてもハンガリーやクロアチアに「観光立国」というイメージはありません。
そんなハンガリーやクロアチアがいきなり世界に向かって「私たちの国には世界に誇るホスピタリティがある」などと言い出したら、みなさんはどう思われるでしょうか。不快に思うというほどではありませんが、実力がともなわない宣言だけに、白けてしまわないでしょうか。観光のイメージが何もない国の人たちが、「上から目線」で自分たちが世界でも特別な存在だと胸を張っているように見えてしまうからです。客に「おもてなし」をほめられたとき、謙虚に「とんでもないことです」などと否定する精神も、日本人の美徳なのではないでしょうか。
心外かもしれませんが、日本が「世界に誇るおもてなし文化」ということを世界に向かって声高に叫べば叫ぶほど、外国人は冷ややかになっていってしまうのです。もしも本当に日本が観光立国を目指そうというのなら、このような発信がプラスに働かないということは言うまでもありません。

This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

2 Responses to デービッド・アトキンソン

  1. shinichi says:

    9784492502754

     

     

    デービッド・アトキンソン 新・観光立国論: イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

    by デービッド アトキンソン


  2. shinichi says:

    小西美術工藝社

    文化財 神社 寺の修復工事

    http://www.konishi-da.jp/index.html

    東京都港区芝4-4-5 三田KMビル3F

    **

    アトキンソンデービッド・アトキンソンの経歴とは?小西美術工藝社社長に迫る!

    INTERGATE

    http://intergate.info/david-atkinson

    300年以上の歴史を持つ老舗の職人集団、小西美術工藝社。国宝や重要文化財の修復を手がける会社のトップは驚くことに英国人だ。


    (株)小西美術工藝社とは?

    (株)小西美術工藝社は東京都港区に本社を置く、国宝や重要文化財を修復する修理施工会社だ。創業は江戸時代寛永年間、法人設立したのは1957年(昭和32年)12月10日で、300年以上の歴史を持つ老舗の会社だ。

    tb_bunkazai


    小西美術工藝社社長 デービッド・アトキンソンとは?

    プロフィール
    1965年 英国生まれ
    オックスフォード大学にて日本学専攻
    1987年 アンダーセン・コンサルティング入社
    1990年 ソロモン・ブラザーズ証券会社入社
    1992年 ゴールドマン・サックス証券会社入社
    2007年 ゴールドマン・サックス証券会社退社
    2009年 小西美術工藝社入社
    2011年 同社会長兼社長に就任

    エリートビジネスマンだったアトキンソン氏はゴールドマン・サックスにいた2001年、1990年代の日本の不良債権が20兆円にも上るとのレポートを発表。後にアトキンソン氏の指摘が正しかったことが分かり「伝説の金融アナリスト」として注目を集めた。

    2006年にはゴールドマン・サックスでパートナー(共同経営者)まで歴任したアトキンソン氏だが、翌年の2007年には退社している。世界最大級の投資銀行でここまで出世してあっさり辞めるのは、なかなか普通では考えられない。

    また、茶道では裏千家に入門し、茶名「宗真」を拝受されるほど日本の伝統文化に親しんでいる。

    小西美術工藝社の社長に就任

    ゴールドマン・サックス退職後の42歳の時には、日本の伝統文化にもっと精通しようと京都に家を購入し、趣味である茶道に没頭する生活を送っていたアトキンソン氏。

    そんな中、後継者を探していた小西美術工藝社の先代社長と軽井沢の別荘が偶然隣同士だったことから、経営を見てほしいと頼まれたアトキンソン氏は、小西美術工藝社の経営を任されることとなり、2011年に社長に就任する。

    アトキンソン氏の改革

    老舗である小西美術工藝社の社長となったアトキンソン氏だが、会社の内情に驚かされてしまう。経理も在庫管理も丼勘定で、職人の4割は非正規雇用。

    「国の体制のもとで続いている老舗なので、経営的な問題はないと思ってたんですが、最初は想像したような安定的なものではなかった」とインタビューで語っていたアトキンソン氏は小西美術工藝社、日本の伝統文化を守る為に改革を進めていく。

    非正規雇用だった職人全員を正社員にして給料を保証し、技術継承のために若い職人を増やして設備投資も行った。職人の仕事の質と生産性が高まった結果、過去5年間の利益平均が、その前の5年間より80%以上も伸びたという。

    アトキンソン氏の提言

    アトキンソン氏はインタビューで日本は文化財の価値を活かしきれていない、「宝の持ち腐れ」だと語っている。

    日本では重要文化財を保護するための予算は少なく、予算は建造物だけにしか適用されない。そのため敷地や壁がボロボロの状態のままになっていることも珍しくはない。

    しかし海外ではその予算が十分に用意されているため、建造物や敷地内の修理はもちろんのこと、外国語の案内板やガイドも雇う事ができるため、文化財がもつ魅力を最大限観光客に伝えていくことができている。

    日本が観光立国を本気で目指すなら、「ここは国宝で、あちらは重要文化財。写真を一枚撮って帰れ」というようなやり方をやめなければ状況は変わらないと語り、投資の必要性を訴えている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.