ウィキペディア

火星は五行説に基づくオカルト的な呼び名であって、学問上(天文史料)では熒惑(ケイコク、エイコク)といった。「熒」はしばしば同音の「螢」と誤られる。また、この場合の「惑」は「ワク」ではなく「コク」と読む。営惑とも書く。江戸時代には「なつひぼし」と訓じられた。そのため夏日星という和名もある。

This entry was posted in knowledge. Bookmark the permalink.

2 Responses to ウィキペディア

  1. shinichi says:

    (sk)

    「火星は五行説に基づくオカルト的な呼び名であって」という書き方が、気になった。

    五行説をオカルト的とは。

Leave a Reply

Your email address will not be published.