式子内親王

たのむかなまだ見ぬ人の思ひ寝のほのかに慣るる宵々の夢

忘れてはうち嘆かるる夕べかな我のみ知りて過ぐる月日を

あはれとも言はざらめやと思ひつつ我のみ知りし世を恋ふるかな

しるべせよ跡なき波に漕ぐ舟のゆくへも知らぬ八重の潮風

夢にても見ゆらむものを嘆きつつうちぬる宵の袖のけしきは

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.