朝日新聞

大型書店「紀伊国屋書店新宿南店」(東京都渋谷区)が7月下旬をめどに、売り場を大幅に縮小させ、事実上撤退する方針であることがわかった。計6フロア(約4千平方メートル)ある売り場のうち、6階のみを洋書専門店として残す。紀伊国屋は「ビルの所有者側と賃料交渉がまとまらなかった」としている。
紀伊国屋によると、新宿南店は、JR新宿駅新南口に近いタカシマヤタイムズスクエア南館に1996年10月オープン。当時、全国最大規模の大型書店として話題になった。現在は若者を主なターゲットにコミックを幅広く扱うなど、同駅東口に近い新宿本店との差別化を図ってきたが、客足が伸びなかった。オープンから20年を迎え、9月の契約満了を控えて交渉が続いていた。

This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

1 Response to 朝日新聞

  1. shinichi says:

    紀伊国屋新宿南店、事実上の撤退へ 売り場を大幅に縮小

    朝日新聞

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5D5DP6J5DUCVL017.html

Leave a Reply

Your email address will not be published.