pierre

戦争に日本が負けた日私は4歳だった。
幸せなことに京都で生を受けたので戦災の記憶はない。
覚えていることと云えば疎開先の近江八幡の山の上から見た
空の向こうの赤い綺麗な空だけ。
遠い昔の記憶だけど、紅の空は今見る夕焼より
百万倍も鮮やかだった。

さて今の時代は当時に比べて言論の自由はあるのだろうか?
何も考えずに暮らしていれば何の支障もない。
だけどだけど、日本人の体質は全く変わっていない。
強いものの論理が通る社会です。

親戚の教師が言ってました。
眠れる羊を作る教育はそのまま続いていると。

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to pierre

  1. shinichi says:

    戦争に日本が負けた日私は4歳だった。
    幸せなことに京都で生を受けたので戦災の記憶はない。
    覚えていることと云えば疎開先の近江八幡の山の上から見た
    空の向こうの赤い綺麗な空だけ。
    遠い昔の記憶だけど、紅の空は今見る夕焼より
    百万倍も鮮やかだった。

    赤い空の下は大阪。備後町で商いをしていた祖父の心境は
    如何ばかりだったろう。

    空襲下の大阪はじめ当時焼夷弾で焼き尽くされた日本。
    テロや爆弾で大勢の犠牲者を出した、アメリカ、イラク、イギリス、・・・。
    歳を重ねた今ならその恐怖は経験はしていなくても想像は出来る。

    さて今の時代は当時に比べて言論の自由はあるのだろうか?
    何も考えずに暮らしていれば何の支障もない。
    だけどだけど、日本人の体質は全く変わっていない。
    強いものの論理が通る社会です。

    親戚の教師が言ってました。
    眠れる羊を作る教育はそのまま続いていると。

Leave a Reply

Your email address will not be published.