藤田孝典

下流老人まもなく、日本の高齢者の9割が下流化する。本書でいう下流老人とは、「生活保護基準相当で暮らす高齢者、およびその恐れがある高齢者」である。そして今、日本に「下流老人」が大量に生まれている。この存在が、日本に与えるインパクトは計り知れない。

平均年収が400万円以下の人の受給額は月額10万円前後となり、ほぼ確実に下流老人になります。さらに、今の人は持ち家率も低いので、そこから家賃も払わないといけない。たとえ年収が800万円程度あっても、貯金ができていない場合、老後は悲惨。長寿国であるだけにそんな生活が20~30年続く…

This entry was posted in Japanese way. Bookmark the permalink.

1 Response to 藤田孝典

  1. shinichi says:

    下流老人 一億総老後崩壊の衝撃

    by 藤田孝典

Leave a Reply

Your email address will not be published.