平岩紙

ラーメンあっさりだけどコクのあるスープにちぢれ麺。少し濃いめに味付けされたチャーシューとシイタケのうま煮、ゆで卵、野菜が入った具だくさんがうれしい。一見シンプルですが、全てのバランスがそろって完璧な一杯になっている、格好いいラーメンなんです。
店内ののんびりした雰囲気も好き。今みたいな暑い季節には扉を開けて、クーラーではなく扇風機を回していて――。ホッとして、パワーチャージもできる実家みたいな場所です。

This entry was posted in happiness. Bookmark the permalink.

2 Responses to 平岩紙

  1. shinichi says:

    変わらない味と、あの空気。役者を引きつける下北のラーメン店 平岩紙さん

    http://www.asahi.com/and_M/living/SDI2016081950811.html

     長年、多くの役者さんから愛されるお店です。私も演劇仲間に教えてもらって、頻繁に通っていたころは2週間に一度のペースだったかな。店主の小林さんは芝居が好きで、公演のチラシを置いてくれて、劇場に足を運んで下さることもあります。

     あっさりだけどコクのあるスープにちぢれ麺。少し濃いめに味付けされたチャーシューとシイタケのうま煮、ゆで卵、野菜が入った具だくさんがうれしい。一見シンプルですが、全てのバランスがそろって完璧な一杯になっている、格好いいラーメンなんです。

     店内ののんびりした雰囲気も好き。今みたいな暑い季節には扉を開けて、クーラーではなく扇風機を回していて――。ホッとして、パワーチャージもできる実家みたいな場所です。

     変わらない味と、あの空気がたくさんの人を引きつけているのだと思います。

        ◇

    平岩紙平岩紙 女優。テレビや舞台などで活躍。10月12日~19日、東京・下北沢の駅前劇場で近藤公園さんとの2人芝居「あたま山心中」に出演する。


    福寿「福寿」東京都渋谷区笹塚3の19の1(電話03・3377・2615)。770円。午後3時~9時ごろ(土曜は1時半、日曜、祝日は正午ごろから。売り切れ次第終了)。火曜と8月18日休み。


  2. shinichi says:

    ラーメンOtaru函館ラーメン 塩の蔵

    セレオ国分寺

    http://www.ekipara.com/html/Indication/ShopHtml/K3020R01_070.html

    ~塩の蔵物語~日本最古のラーメンは、北海道函館で明治17年に誕生しました。それから先代達により改良され現在の塩そば(塩ラーメン)になりました。昭和の初め、市場近くで蔵をラーメン屋に(昭和9年の大火で焼失)した店を再現したのが塩の蔵です。伝統の味を守り、手づくりに徹し函館塩そばを伝えます。黄金色の澄み切ったスープでコクのある自慢の塩そばをぜひご賞味下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.