永江朗

%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%a3%b2%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%91%e3%82%8c%e3%81%a9第1章 日本の書店がアマゾンとメガストアだけになる日
第2章 活字ばなれといわれて40年
第3章 「街の本屋」は40年間、むしられっぱなし
第4章 「中くらいの本屋」の危機
第5章 電子書籍と出版界
第6章 本屋は儲からないというけれど
第7章 「話題の新刊」もベストセラーもいらない


This entry was posted in information. Bookmark the permalink.

1 Response to 永江朗

  1. shinichi says:

    「本が売れない」というけれど

    by 永江朗 

    出版不況といわれる現在、本はたしかに「売れなくなった」。商い不振で暇になるかと思いきや、本に携わる人たちはますます日々忙しい。日本の読書は、本は、どこへ向かうのか?日本独自の流通システム、変わる書店の形、ネットの世界との関係性など、出版業界のこれまでを振り返り、読み手と本をつなぐ新たな出会いの形を模索する。

Leave a Reply

Your email address will not be published.