甲斐信枝

tanegatobu

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

5 Responses to 甲斐信枝

  1. shinichi says:

    たねが とぶ

    かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん

    by 甲斐信枝

    植物は、たねを散らすことで移動し、その分布を広げます。綿毛を風にのせて飛ばすもの、さやの弾力で飛ばすもの。身近な雑草を例に、たねの散布の工夫を楽しく描きます。

    **

    雑草のくらし

    あき地の五年間

    by 甲斐 信枝

    植物はどんなくらしをしているのか? 雑草の世界を5年にわたって見つめ続けてきた著者が、精魂傾けて描く、比類なく美しくドラマにみちた大型科学絵本。

  2. shinichi says:

    足元の小宇宙

    絵本作家と見つける生命のドラマ

    2016年11月23日

    NHK

    2013年に放送し、大きな反響を呼んだ、足元の生命(いのち)を見つめる特集の第2弾。

    85歳の絵本作家のまなざしを通して、私たちの周りのなにげない植物が見せる驚きの営みに迫る。

    甲斐信枝さんは現役の絵本作家。雑草の美しさにひかれ草花を描き続けて60年以上。

    代表作「雑草のくらし―あき地の五年間」は30年を超えるロングセラーだ。

    独自の視点で、植物の生き生きした表情や躍動感あふれる瞬間を次々と発見する。甲斐さんが“綿毛の舞い舞い”と呼ぶ、ノゲシが一瞬の風に乗せてタネを飛び散らす様子。葉が吐き出す水玉が、朝日を受けて赤・黄・青と様々に変化する“虹色に輝くキャベツ畑”。空き地で繰り広げられる“雑草たちの戦い”では、のっとり、巻きつき、一発逆転と、戦国武将さながらにそれぞれの戦略で王者の座を狙う。 甲斐さんは、草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話する。「植物と人間という違いはあるけど、生きものとしては同じ」。満開のタンポポを見つけては、「やってる、やってる!」と大興奮。何十年見つめ続けても新たな発見やふしぎがあり、「草がおいでおいでするから、永久に追いかける」という。

    京都・嵯峨野の里山で1年にわたって、甲斐さんと一緒に四季折々の植物たちのドラマを発見していく。

    kai1


    kai2


  3. shinichi says:

    写真も撮りますが、
    あくまで資料用で、
    やはり目で見なければだめです。

    何もしないでひたすら坐って、
    ぼんやり遊ぶことが大事。

    何もほしがらないでいると、
    植物はたくさんくれるんです。

    そして毎日行くこと。

    雨や雪や風の時も夜も。

    お天気のいい時だけでは彼らの生活が見えませんから。

    晴れた日だけ見てもだめ。
    雨の日も。
    雪の日も。
    風の日も。
    夜も。

    これっていろんなことに当てはまるように思う。

    いい時だけ見てもだめ。

    機嫌が悪いとき。
    落ち込んでいるとき。
    八つ当たりしたいとき。
    具合が悪いとき。
    明け方も。
    真夜中も。

    子どもとの生活も
    まさしく、これ。

    楽しいばかりじゃない。

    大変なとき、
    あるよね。

    それを
    とことんつきあうのが
    親。

  4. shinichi says:

    (sk)

    人間がみんないなくなっても、植物はきっと生き続ける。そういう想いがますます強くなった。

  5. Garfield says:

    昨日、テレビで見て感動しました。
    早速、アマゾンで絵本を注文しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.