村田明彦

murata今晩のおかず(煮物 蒸し物 ほか)
主役になるごはん(五目炊き込みごはん ちらし寿司 ほか)
おしゃれな小鉢とひと味ちがう常備菜(小鉢 常備菜)
ワンランク上の汁物・椀物(鈴なりの豚汁 うしお汁 ほか)
和食でカジュアルなおもてなし(春 夏 ほか)

This entry was posted in happiness. Bookmark the permalink.

2 Responses to 村田明彦

  1. shinichi says:

    予約の取れない人気店「鈴なり」のこく旨新和食

    by 村田明彦

    下ごしらえのひと手間と火加減のコツを押さえた定番おかず、鈴なり仕立ての小鉢と椀物、パパッとできるまかない料理…。身近な素材で毎日作れるオリジナルレシピはアイデアあふれる「とにかく美味しい」ものばかり!

  2. shinichi says:

    ワンランク上の料理作りを プレミアムレシピ

    日経ビジネスOnline Special 

    http://pro-recipe.nikkeibp.co.jp/chef_detail.php?cd=129

    鈴なり
    murata2

    murata3

    店主 村田 明彦
    1974年東京都生まれ。祖父がふぐ屋を営んでいたことから幼少期より料理に関心が高く、商業学校卒業後、「なだ万」へ入社。本店である「山茶花荘」で10年の修業ののち、ホテルの支店なども経験し、計13年間在職したのち2005年に独立し、「鈴なり」を開店。若い人にも気軽に和食を楽しんでもらいたいと、コースは4500円からと手ごろな価格に設定。名店仕込みの確かな技術に裏打ちされた料理は、スペシャリテの「生雲丹と蟹の玉地蒸し」をはじめ、四季折々の食材を盛り込んだ八寸、〆の炊き込みご飯に至るまで、遊び心を加えた独自性溢れる品々ばかり。時にはスパイスやチーズといった和食ではタブーとされる食材も柔軟に取り入れ、古典に縛られないオリジナルの料理を追及。予約困難な人気店となり、ミシュランの1ツ星も獲得している。気さくな人柄の村田氏は、誰もがわかる簡単なレシピ開発も得意で、テレビをはじめ各種メディアでも活躍中だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.