庵原晴美

ihara被災体験、戦後の混乱期を経て、高校時代にジイドの『狭き門』に衝撃を受けた少女はその後、数々の苦難に負けることなく波乱の人生を自らの行動力で見事にバラ色に開花させていく。幼子二人を抱えて途方に暮れた二十八歳の夏の日から二十年後、憧れ続けたパリのセーヌ河畔で。。。


This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

2 Responses to 庵原晴美

  1. shinichi says:

    傷ついた葦を折ることなく 

    私の青春の日々

    by 庵原晴美

  2. shinichi says:

    東神自動車工業

    昭和には主に車体の製造を行い、平成に入ってからも消防車や救急車の架装を行っていた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.