小倉山荘

 山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば
  (源宗于)

 わがまたぬ年はきぬれど 冬草のかれにし人はおとづれもせず
  (凡河内躬恒)

 ことの葉も霜にはあへずかれにけり こや秋はつるしるしなるらむ
  (大中臣能宣)

〈詞書〉かれがれなるおとこの おぼつかなくなどいひたりけるによめる
 有馬山ゐなの笹原かぜ吹けば いでそよ人を忘れやはする
  (五十八 大弐三位)

 ひと夜とて夜がれし床のさむしろに やがても塵のつもりぬるかな
  (二条院讃岐)

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

1 Response to 小倉山荘

  1. shinichi says:

    小倉百人一首あ・ら・かるた〔三百三〕

    小倉山荘

    ───────────────────────────────────
    かれてゆく恋
    ───────────────────────────────────

    源宗于の歌にある「かる」について。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ■「枯る」と「離る」
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

    山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば
    (二十八 源宗于朝臣)

    山里は冬こそ寂しさがまさるものだ
    人が訪れなくなり 草も枯れてしまうと思うと

    百人一首の宗于(むねゆき)の歌にある「かれぬ」は
    「枯れぬ」と「離(か)れぬ」の掛詞(かけことば)です。

    「離(か)る」は時間的、あるいは空間的に遠くなること。
    心理的にうとくなる場合にも「離る」ということがあり、
    和歌では多くの場合「枯る」との掛詞で用いられます。

    わがまたぬ年はきぬれど 冬草のかれにし人はおとづれもせず
    (古今和歌集 冬 凡河内躬恒)

    わたしの待っていない新年は来てしまうけれど
    冬の草が枯れるように離(か)れてしまった人は訪ねてもこない

    凡河内躬恒(おおしこうちのみつね二十九)が大晦日に詠んだ歌。
    「音信」と書いて「おとづれ」と読んだ例もあるので、
    手紙さえよこさないという解釈も可能です。

    「離る」は別れを意味することもあって、
 恋の歌、とくに失恋の歌が多く詠まれています。
    大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ 四十九)の歌では

    ことの葉も霜にはあへずかれにけり こや秋はつるしるしなるらむ
    (拾遺和歌集 恋 大中臣能宣)

    あなたからの言葉も霜には耐えられず枯れてしまいました
    これは秋が終わるしるしなのでしょう

    「あへず」は「敢へず」と「会へず」の、
    「かれ」は「枯れ」と「離れ」の、
    「あきはつる」は「秋果つる」と「飽き果つる」の掛詞。
    さらに「葉」と「枯れ」、「枯れ」と「霜」は縁語になっています。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ■恋の終わり
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

    百人一首の大弐三位(だいにのさんみ)の歌は
    詞書に「かる」が出てきます。

    〈詞書〉
    かれがれなるおとこの おぼつかなくなどいひたりけるによめる

     有馬山ゐなの笹原かぜ吹けば いでそよ人を忘れやはする
     (五十八 大弐三位)

    有馬山から猪名(いな)の笹原に風が吹いてくると
    笹はそよそよと音を立てるでしょう
    (その「そよ」じゃないけれど)ほら そうよ そうですよ
    あなたを忘れたりするものですか

    「かれがれ」は「離れ離れ」と書いて、
    男が女のもとへ通うのが途絶えがちなこと。
    それなのに男からあなたの心がおぼつかなくて(=疑わしいから)
    などと言ってきたので、この歌を返したのです。

    男女の仲について使われる言葉には「よがれ」もあります。
    「夜離れ」と書き、男が夜に女のもとを訪れなくなること。
    二条院讃岐(にじょういんのさぬき 九十二)はこう詠んでいます。

    ひと夜とて夜がれし床のさむしろに やがても塵のつもりぬるかな
    (千載和歌集 恋 二条院讃岐)

    一晩だけ来られないと言っておきながら
    そのまま夜離れした(あなたが寝るはずだった)敷物に
    いつしか塵が積もってしまったことですわ

    「枯る」と「離る」は意味が異なりますが、
    なにかが尽きてしまうという点では共通しています。
    もとは同じ言葉だったのかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.