日本経済新聞

神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が「不正受給はクズだ」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたことが分かった。
左胸部分には「HOGO NAMENNA」、保護なめんなと読めるエンブレムが付いており、ジャンパーを着たまま受給者宅を訪れるケースもあった。

This entry was posted in human rights and democracy. Bookmark the permalink.

3 Responses to 日本経済新聞

  1. shinichi says:

    ジャンパーに「不正受給はクズ」 小田原市の職員ら着用

    日本経済新聞〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HD8_X10C17A1000000/

    **

    神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が「不正受給はクズだ」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたことが分かった。市が17日発表した。左胸部分には「HOGO NAMENNA」、保護なめんなと読めるエンブレムが付いており、ジャンパーを着たまま受給者宅を訪れるケースもあった。

    市は同日までに使用を禁止し、担当部長ら7人を厳重注意処分とした。加藤憲一市長は「厳しい職務環境の中、業務にしっかり取り組もうとの強い思いから任意で作ったと聞いているが、理由はどうあれ配慮を欠いた不適切な表現で申し訳ない」とのコメントを出した。

    市によると、07年7月、生活保護の受給資格を失った男が同市役所で、職員2人をカッターナイフで切り付けた事件を機に、当時の担当係長の発案で業者に依頼し作った。職員らは受給者宅で相談に応じるケースワーカーや庁内勤務の指導員で、28人が現職。

    ジャンパーの背面には「不正受給してわれわれを欺くのであれば、あえて言う。そのような人はクズだ」「私たちは正義だ。不正が発覚した時は追及する」などといった趣旨の英文がプリントされていた。

    係長だった職員は「仕事がきつく、職員の士気を高めたかった。受給者向けのメッセージではない」と釈明している。

  2. shinichi says:

    「不正受給はクズ」ジャンパーに賛同の声 「なぜ取り締まる側ではなく不正受給者の人権が重視されるのか」と疑問の声続出

    http://paradoxin.net/archives/2074

    • ナマポ不正受給者を差別するのは問題なかろう。犯罪者に人権は無いんだから。
    • 真っ当に生活保護受けてる人の前で「不正受給は許せない」って上着着ると人権侵害なの? 「この人は不正受給者です」って書いてあるわけじゃないんだよね?ん??
    • 小田原の生活保護のジャンパーええやん 事実しか書いてないやん
    • 別府の生活保護者パチンコ取り締まりにしろなんでそういうのはダメで不正受給とかはしっかりとした対処しないの?氏ねば?
    • 実際不正受給は受給者にとっても迷惑な存在だろうし、何が問題なの、って感じがする
    • 不正受給は許さない、って意味合いの言葉が書かれたジャンパーを着て受給者のところに行ったことが問題になってるけど、実際不正受給は受給者にとっても迷惑な存在だろうし、何が問題なの、って感じがする
    • 生活保護不正受給者に対して威圧的なジャンパーを市職員が作ってたら叩かれるのは仕方ないけど、実際不正受給者はクズ。そもそも健康で文化的な最低限度の生活に明確な基準ないから受給して貰ったお金を贅沢品やギャンブルに使っても問題ない時点でこの制度に問題がある。
  3. shinichi says:

    (sk)

    優しくない人が増え続けている。

    津久井やまゆり園で発生した事件にしても、ネットの書き込みを見ていれば、いつか起きることだと予測できた。決して偶然なんかじゃあない。

    悲しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.