日本経済新聞

This entry was posted in belief. Bookmark the permalink.

One Response to 日本経済新聞

  1. shinichi says:

    ベトナム「広告信じる」最低の5割
    東南ア、国ごとにばらつき

    日本経済新聞

    (2013/10/1)

    http://www.nikkei.com/article/DGXDZO60423130Q3A930C1FFE000/

     東南アジアで最も広告を信頼していないのはベトナムの消費者――。調査会社のニールセンが今春、世界58カ国の2万9千人に実施した調査でこんな結果が出た。

     ベトナムでテレビ広告を信用すると答えた人は55%(新聞広告は52%)と、世界平均の62%(同61%)を大きく下回った。一党支配を続ける共産党による情報統制がメディア広告にも及んでいるとの見方が影響しているもよう。米国流のマス広告が定着しているフィリピンでテレビ広告を信頼する人は78%、新聞広告は79%と最も高かった。

     一方、オンライン広告は信頼感が高まっているもののテレビや新聞の水準を下回る。メールマガジン型の広告を信頼する人は2007年の前回調査に比べインドネシアが16ポイント増の68%、ベトナムは同9ポイント増の47%だった。昨年8月タイに参入したハウス食品は大量のテレビ広告で知名度を高めた。東南アジアはマス広告の威力が大きいとはいえ、国の事情に合わせた丁寧な戦略が必要なようだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.