與芝眞彰

「慈悲」とは、わけ隔てなく他者の痛みを自分のもののように感じ分かち合い、癒そうという心を意味します。わが子、身内、恋人など、人間はつい身びいきをしてしまうものですが、身近な人だけでなく、もっと広い視点で他者に良くしようという志です。
「慈悲」だけでは、いくら他者の力になろうとしても、悲しむ患者さんやご家族に気持ちが引っ張られてしまい、一緒に動揺して右往左往してしまいます。結果として、患者さん本人に適切な対応ができなかったり、他の患者さんの危機に気づかなかったりする危険性もあります。

「智慧」は、仏教の言葉で、一般的な「知恵」より深く、普遍的な意味を持っています。単なる「知識」(今ではインターネットで簡単に手に入ります)はもちろん、「法学」「倫理」、一般的な「生活の知恵」なども、時代とともに移り変わり、また各家庭や地方によって様々なしきたりがあり、これも普遍的とは言いがたいものです。どんな時代でも、どんな立場の人にも通じるものの道理、ひいては宇宙の真理と言えるものが「智慧」です。
「智慧」だけでは、人がいつか亡くなるのは必定のことだと分かっていたとしても、だからこそ辛くて悲しいのだ、別れ難いのだという、患者さんやご家族の気持ちに気づかない恐れがあります。他者の気持ちに寄り添うことは、時に長く困難な道のりですが、大切な人だからこそ生まれる人の情を無視してしまうことは論外です。

This entry was posted in knowledge. Bookmark the permalink.

2 Responses to 與芝眞彰

  1. shinichi says:

    松光寺通信
    第1回 智慧と慈悲

    by 與芝真彰
    浄土宗 清涼山 松光寺 住職

    http://shoukouji.main.jp/64/

    私は長らく肝臓病医として、劇症肝炎を専門とし多くの症例に取り組んで来ました。また、沢山の病院のスタッフや、宗門の方々の有形無形のご助力のおかげで、医師と僧侶を兼務し続けることができました。

    力及ばず、亡くなられたまだ年若い患者さんとそのご家族に向き合い、自分の無力さにこらえられぬ気持ちになることもありました。自坊の本尊に、死力を尽くしても及ばない凡夫としての自分とは、そして自分は今後どう医療者として生きていくべきか問いかけることもありました。

    その長年の営みの中で、私が病院長となって、周囲のスタッフに伝えたいと願い、談話として頻繁に取り上げたこと、「智慧と慈悲」について今回はお話します。

    弥陀三尊当山の自坊には、ご本尊の阿弥陀仏(あみだぶつ)様の脇侍(わきじ)として、観音菩薩(かんのんぼさつ)様と、勢至菩薩(せいしぼさつ)様が左右におられます。浄土宗を開かれた法然上人は、幼名を勢至丸(せいしまる)とおっしゃり、勢至菩薩とはご仏縁の深い間柄です。

    観音菩薩様は、「慈悲」を司り、勢至菩薩様は「智慧」を司ると言われています。

    「慈悲」とは、わけ隔てなく他者の痛みを自分のもののように感じ分かち合い、癒そうという心を意味します。わが子、身内、恋人など、人間はつい身びいきをしてしまうものですが、身近な人だけでなく、もっと広い視点で他者に良くしようという志です。

    「智慧」は、仏教の言葉で、一般的な「知恵」より深く、普遍的な意味を持っています。単なる「知識」(今ではインターネットで簡単に手に入ります)はもちろん、「法学」「倫理」、一般的な「生活の知恵」なども、時代とともに移り変わり、また各家庭や地方によって様々なしきたりがあり、これも普遍的とは言いがたいものです。どんな時代でも、どんな立場の人にも通じるものの道理、ひいては宇宙の真理と言えるものが「智慧」です。

    この「慈悲」と「智慧」の両者があってこそ、阿弥陀仏様のような仏様には及ばなくても、医療者は人を救う一助となれるのだと思い、他の医療者にその事を強調しています。

    「慈悲」だけでは、いくら他者の力になろうとしても、悲しむ患者さんやご家族に気持ちが引っ張られてしまい、一緒に動揺して右往左往してしまいます。結果として、患者さん本人に適切な対応ができなかったり、他の患者さんの危機に気づかなかったりする危険性もあります。

    「智慧」だけでは、人がいつか亡くなるのは必定のことだと分かっていたとしても、だからこそ辛くて悲しいのだ、別れ難いのだという、患者さんやご家族の気持ちに気づかない恐れがあります。他者の気持ちに寄り添うことは、時に長く困難な道のりですが、大切な人だからこそ生まれる人の情を無視してしまうことは論外です。

    とはいえ、我々みながいつも完璧でいられるはずがありません。

    元来、仏様、菩薩様というものは、人の身では届かないほど沢山の生き物に何万回も生まれ変わり、無数の立場に立って物事を捉えられる存在です。

    ですから、我々凡夫(ぼんぷ)、一人ひとりの小さな人間が一朝一夕に真似をするのは大変難しい。心がけていても、疲れていたり、余りに傲慢な人を目前にすれば智慧も慈悲も働きにくいでしょう。

    しかしそれでも、「どうせ無理だ」と思うことなく、心の奥底に、この「智慧」と「慈悲」という心を持ち、苦難のときも、何もかも投げ出したくなったときも、一度投げ出してしまったときも、思い出して頂きたいと思います。

  2. shinichi says:

    與芝眞彰
    昭和18年、東京都の寺院に生まれる。東京大学医学部を経て、肝臓医の傍ら住職を勤める。昭和大学医学部元教授、昭和大学藤が丘病院元院長、東京高輪病院名誉院長。著書に「医師と僧侶の狭間を生きる」「がんばらない死に方」など。


    浄土宗 清涼山 松光寺
    (江戸大名墓の寺)

    永禄四年(1561年)江戸芝西久保巴町に開墓、頂本山と號す。
    慶安三年大火で類焼し、明暦二年当地に移転す。
    上山松平家と細川家の江戸菩提寺として隆盛を極む。
    元禄元年松平日向守信之の室、松光院殿にちなみ、 松光寺と號を改む。
    明治初年、鉄道工事にあたり、英国人技師の宿舎となる。

    現在の住職は與芝真彰。昭和45年東京大学医学部卒、昭和大学医学部教授を経て、現在せんぽ東京高輪病院院長。臨床経験を混じえた法話が好評。

    高輪は江戸から昭和初期の雰囲気を残した歴史の薫る街。
    古くは大名屋敷、明治時代には皇族のすまいが多くあったところ。
    高輪メモリアルガーデンは高輪の中でも高台に位置し、
    古き佳き風情を受け継ぎながら、モダンな雰囲気を取り入れた霊園です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.