ウィキペディア

日本語における文字の使用は、5世紀から6世紀頃の漢字の輸入とともに始まり、漢字を日本語の音を表記するために利用した万葉仮名が作られた。やがて、漢字の草体を元に平安時代初期に平仮名が、漢字の一部を元に片仮名が作られたとされる。

This entry was posted in Japanese way. Bookmark the permalink.

One Response to ウィキペディア

Leave a Reply

Your email address will not be published.