森下佳子

するとひとつだけ気付いたことがありましてね。一日雲を見ておろうが何をしておろうが、誰も何も言わねえんでさ。家も、銭も、知る人もねえ。けど、裏返しゃあ、俺がどこで何をしようとかまわねぇわけで。
これから先は、何にも誰にも縛られず、己の心に従って生きてやるのだと決めたんでさぁ。
(どこぞのお家なぞに縛られるわけにはいかぬということか)
けど、気付いたら、仲間に縛られ、町に縛られ。ざまぁねえでさぁ。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

2 Responses to 森下佳子

  1. shinichi says:

    竜雲丸
    (直虎)

    **

    おんな城主 直虎
    written by 森下佳子
    NHK
    第27回 気賀を我が手に

  2. shinichi says:

    (sk)

    自由。孤独。

Leave a Reply

Your email address will not be published.