塩谷喜雄

9階浄土でバルコニーの山吹とリンゴの花を愛でつつ、毒づく言葉だけをそっと磨いて、それを肴に盃を傾けるのみ。春憂もまた佳肴なり。

ここまでお付き合いいただき深謝。

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

4 Responses to 塩谷喜雄

  1. shinichi says:

    九階浄土の濁り酒

    by 塩谷喜雄

    http://shioyayoshio.com/column.html

  2. shinichi says:

    塩谷喜雄氏が死去 日本経済新聞社社友

    日本経済新聞

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21786200S7A001C1CZ8000/

     塩谷 喜雄氏(しおや・よしお=日本経済新聞社社友、元論説委員)9月30日、下咽頭がんのため死去、71歳。連絡先は同社秘書室。告別式は4日午前10時から埼玉県越谷市赤山本町1の2の越谷駅前斎場。喪主は長男、耕吾氏。

  3. shinichi says:

    「分類とは死の普遍である」

    ゲーテ

    http://shioyayoshio.com/

    日頃はひそやかに、したたかに。
    時にはおぞましいほど、あでやかに。
    変幻自在に移ろう自然と世間。
    類型で仕分け、浅知恵で斬っても、
    背後にうごめくものは、易々と闇に紛れて姿を隠す。
    ――もっと光を。

Leave a Reply

Your email address will not be published.