大滝令嗣

日本人海外赴任者の特徴は以下のようなものになります。

  • 本社のメッセンジャー
  • 外交官役、連絡役、調整役、指南役
  • 人事ローテーションの一環としての赴任
  • 海外赴任の専門家(キャリア的に本流を外れた) 又は 本社のトレイニー (教育としての赴任)
  • 海外の「日本村」内でビジネスをする人材
  • ナショナルスタッフから、Seagull(かめも)と呼ばれる人材 (Seagull=勝手に飛んできて、勝手にフンをして、汚したまま帰っていく輩)

海外での売り上げ比率が高い企業でも、このような海外赴任者がほとんどではないでしょうか。

This entry was posted in globalization. Bookmark the permalink.

4 Responses to 大滝令嗣

  1. shinichi says:

    「グローバルビジネスリーダー」をスピード感をもって育てることがグローバル化成功の鍵

    by 大滝令嗣

    http://www.jinzai-soshiki.com/interview/post_53.html

    グローバルビジネスリーダーは、以下のように定義できると考えています。

    • 戦略的ミッションを背負っている人材
    • 企業の「xxxウェイ」「○○イズム」を伝えることができる人材
    • 本社のグローバル戦略策定・実行に関わる経営者人材
    • 現地スタッフから尊敬され、リーダーとして認められる存在
    • 本社トップが目を配り、育成する人材
    • エンプロイアビリティが高い人材(結果的に)

    欧米の、グローバルで成功している企業をみると、3~4万人規模の製造業ならこうしたGBLが最低でも200~300人程度います。そして、本社のトップ自らが、彼らに目を配っています。

  2. shinichi says:
    • インターナショナル企業: ローカル市場対応力/低 世界的統一性/低 本社の指示を中心に各国の支社が動いているが、支社間の連携・統一性が低い企業
    • マルチナショナル企業: ローカル市場対応力/高 世界的統一性/低 各国支社の現地化が進み、それぞれがほぼ独立した戦略でビジネスを行っており、本社はあまり影響力を持っていない企業
    • グローバル企業: ローカル市場性/低 世界的統一性/高 本社の力が強く、その指示によって各国の支社が動いているが、各国支社間の連携・統一性は高い企業
    • トランスナショナル企業: ローカル市場性/高 世界的統一性/高 本社の力が強く、全体戦略、理念・オペレーション等の世界統一性は高いが、同時に各国支社に一定の権限移譲がなされ、個別戦略を立てて柔軟に動ける企業
  3. shinichi says:

    Andrew Hines over at BNET has brief and clear definitions of each of these terms.

    • International companies are importers and exporters, they have no investment outside of their home country.
    • Multinational companies have investment in other countries, but do not have coordinated product offerings in each country. More focused on adapting their products and service to each individual local market.
    • Global companies have invested and are present in many countries. They market their products through the use of the same coordinated image/brand in all markets. Generally one corporate office that is responsible for global strategy. Emphasis on volume, cost management and efficiency.
    • Transnational companies are much more complex organizations. They have invested in foreign operations, have a central corporate facility but give decision-making, R&D and marketing powers to each individual foreign market.
  4. shinichi says:

    (sk)

    「ローカル=ナショナル」という考え方は、これからは通用しないと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.