雪樹

「…君の見る空が千回晴れたら、きっとまた会える。だから、僕が君の傍にいたこと忘れないでいて…。ね、日向!」
僕にとって精一杯の約束だった。
「や…くそ…く…」
日向は見えなくなりつつある僕に小指を出した。
「…うん。約束だ…」
涙と笑顔と僕らの手は、最後の最後で重なった。
そして、僕は日向の世界から完全に姿を消した。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

One Response to 雪樹

  1. shinichi says:

    君の見る空

    by 雪樹

    涙と笑顔と僕らの手

Leave a Reply

Your email address will not be published.