宇田学

深山弁護士:なぜ笑ってるんですか?
大友検事正:いやぁ、君が随分得意気な顔をしていたからね、つい。ふふふ。
深山弁護士:事実が見つけられず真犯人が見つかっていなかったら、石川さんはあなた達に殺されていたかもしれない。
大友検事正:我々検察は被告人の犯罪を証明する立場にある。我々の努力の結果有罪になったとしたら、裁判所がそう判断したということだ。我々が殺したなどとは聞き捨てならないな。心外だよ。
深山弁護士:裁判所の判断に、大きな有罪のバイアスをかけるのはあなたたちですよ。
大友検事正:いやいや勘違いしている。我々は被害者のために犯罪を犯した人間を許すことはできない。この社会の正義を全うする使命がある。
深山弁護士:正義とか真実とかって言う、100人いたら100通りの考えがあるようなもの、僕は信じないですよ。ある日突然、僕はあなたたちに父を奪われた。その日を境に全てが一変した。あんたはその歪んだ正義とやらで、何人の人生を狂わせるんだよ。冤罪事件で加害者にされた人間も、犯罪の被害者なんだ。僕はその立場に立ってずっと弁護を続ける。あなたはあなたの正義というものを貫くというのであれば、僕は事実というものを信じてあなたの前に立ち続けますよ。

This entry was posted in truth. Bookmark the permalink.

1 Response to 宇田学

  1. shinichi says:

    99.9 -刑事専門弁護士-
    TBS
    SEASON I
    最終回
    演出: 木村ひさし
    脚本: 宇田学

    キャスト
    深山大翔: 松本潤
    大友修一: 奥田瑛二


Leave a Reply

Your email address will not be published.