国研出版

(1)最も好きな女君
  ① 紫の上(43%)
  ② 空蝉・桐壺の更衣・花散里(各9%)
  ③ 明石の御方・秋好中宮・浮舟・朧月夜・末摘花・玉鬘・藤壺(各4%)
(2)生涯の伴侶にしたい女君
  ① 紫の上(33%)
  ② 明石の御方(27%)
  ③ 花散里(16%)
  ④ 雲井の雁・玉鬘・宇治の中の君・六条御息所(各5%)
(3)恋人にしたい女君
  ① 朧月夜(33%)
  ② 夕顔(27%)
  ③ 紫の上(13%)
  ④ 雲井の雁・玉鬘・軒端の荻・花散里(各6%)
(4)友人にしたい女君
  ① 朝顔(44%)
  ② 明石の御方(33%)
  ③ 朧月夜(22%)

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 国研出版

  1. shinichi says:

    女君を選ぶとしたら?

    http://kokken.onvisiting.com/genji/genji072.php

    私の担当する「源氏物語講座」の聴講生にアンケートをした結果です。回答数にはバラつきがあるので、全体を100とし、パーセント(四捨五入)であらわします。

    (1)最も好きな女君
    ①紫の上(43%) ②空蝉・桐壺の更衣・花散里(各9%) ③明石の御方・秋好中宮・浮舟・朧月夜・末摘花・玉鬘・藤壺(各4%)

    紫の上の人気がダントツです。美人で、聡明で、やさしく、文句の付けようがありませんね。空蝉や花散里など一見地味で、分をわきまえる女性もそこそこに人気があることがわかります。

    (2)生涯の伴侶にしたい女君
    ①紫の上(33%) ②明石の御方(27%) ③花散里(16%) ④雲井の雁・玉鬘・宇治の中の君・六条御息所(各5%)

    生涯の伴侶も紫の上が理想のようですね。明石の御方や花散里が結構健闘していますが、二人とも自分の立場や運命を受けとめて、ガタガタ騒いだりしない性格の持ち主である点が共通しているようです。

    (3)恋人にしたい女君
    ①朧月夜(33%) ②夕顔(27%) ③紫の上(13%) ④雲井の雁・玉鬘・軒端の荻・花散里(各6%)

    朧月夜は源氏と兄の朱雀帝に愛されました。夕顔は頭の中将と源氏の恋人でした。二人とも美人で、素直なのですが、少し意志の弱いところがあったようです。恋人のイメージとしては少し遊び心のある女性が現代の『源氏物語』の読者の関心を引いたのかも知れませんね。

    (4)友人にしたい女君
    ①朝顔(44%) ②明石の御方(33%) ③朧月夜(22%)

    内容的に(3)の設問と重なるところがあったようで、回答数は多くはありませんでした。色恋沙汰を抜きにした友人としては、やはり独身を貫きながらも、趣味・教養の力を発揮した朝顔や、明敏で、控え目な明石の御方の人気が目立ちました。

    この四項目のどれにも推挙されなかった主要な女君には、葵の上や女三の宮や落葉の宮・宇治の中の君・明石中宮・弘徽殿の大后・大宮(左大臣北の方)・源典侍らがいます。お気の毒な女君もいますが、読者の好尚に合わないところや、その人物性に欠陥のあるケースもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.