Alexandre Cabanel

This entry was posted in art. Bookmark the permalink.

2 Responses to Alexandre Cabanel

  1. shinichi says:

    La Naissance de Vénus (1863)

    par Alexandre Cabanel

    Musée d’Orsay à Paris

    **

    The Birth of Venus (1863)

    by Alexandre Cabanel

    Art Renewal Center (ARC) Museum

    https://www.artrenewal.org/Artist/Index/5

    **

    アレクサンドル・カバネル『ヴィーナスの誕生』(1863年)

  2. shinichi says:

    ウェヌス

    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウェヌス

    ウェヌス(古典ラテン語: Venus – [ˈwɛ.nʊs])は、ローマ神話の愛と美の女神。日本語では英語読み「ヴィーナス」([ˈvi.nəs])と呼ばれることが多い。

    本来は囲まれた菜園を司る神であったが、後にギリシア神話におけるアプロディーテーと同一視され、愛と美の女神と考えられるようになった。一般には半裸或いは全裸の美女の姿で表される。ウェヌスは固有の神話が残っておらず、ローマ神話でウェヌスに帰せられる神話は本来アプロディーテーのものである。

    ウゥルカーヌスの妻だが、マールス、メルクリウス、アドーニス、アンキーセースたちとのロマンスが伝えられている。このうちのアンキセスとの間の子アイネイアースはローマ建国の祖にして、ガイウス・ユリウス・カエサルの属するユリウス氏族の祖とされた。ここからカエサルはウェヌスを祖神として、彼女を祀る為の壮麗な神殿を奉献したという。 また、カエサルの祖神として軍神ともされた。

    ギリシアではアプロディテが金星を司るとされ、それに影響を受けてラテン語でも金星をウェヌスと呼ぶ。ヨーロッパ諸語で金星をウェヌスに相当する名で呼ぶのはこのためである。また、ラテン語で金曜日はdies Veneris(ウェヌスの日)であり、多くのロマンス諸語でのこの曜日の名称はそれに由来する。

    ウェヌス(ヴィーナス)は女性の美しさを表現する際の比喩として用いられたり、愛神の代名詞としても用いられる。近世以降は女性名にも使われるようにもなった。また、マールスが「戦争」「武勇」「男性」「火星」を象徴するのに対してウェヌスは「愛」「女性」「金星」の象徴として用いられることも多い。性別記号で女性は「♀」と表記されるが、本来はウェヌスを意味する記号である。

Leave a Reply

Your email address will not be published.