西川美和

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

One Response to 西川美和

  1. shinichi says:

    永い言い訳

    by 西川美和

    photo: 黒木華(担当編集者の福永智尋)、本木雅弘(人気作家の津村啓こと衣笠幸夫)

    人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻・夏子が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにそのとき、不倫相手・福永と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族、トラック運転手の夫・陽一とその子どもたちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出ることに…。

    幸夫が、長年連れ添った妻・夏子の旅行中、なんと不倫中の担当編集者・福永智尋を自宅へと招き入れた、その“翌朝”。福永の後ろから甘えるようにして抱きつき、甘い余韻を再びかみしめる幸夫だが、そんな2人のもとへ飛び込んできたのは、夏子が旅先で亡くなったという衝撃の知らせ…。

    まさに、この後、人生最大のしっぺ返しがくることを知らない幸夫と福永の密着度の高い濃厚ラブシーン。順風満帆に見えても、常に何が起こるか分からないのが人生。一寸先の“闇”に堕ちた幸夫は、果たして“光”を見いだせるのか、

Leave a Reply

Your email address will not be published.