山本周五郎

家のために働きづめ、その挙句倒れて死んでしまった大切な父。その時母は浮気相手と不義密通を働いていた――。おしのが母をなじると、返ってきたのはおどろくべき言葉だった。「おしのちゃん、あなたの本当の父親はほかにいるのよ。」
母の不義を憎み、次々と母や、男たちに復讐を果たしながらも、不浄な血が流れている自身の存在に悩むおしの。最後の復讐相手、自分の本当の父親と直面したおしのがとった驚くべき行動とは――。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 山本周五郎

  1. shinichi says:

    五瓣の椿

    by 山本周五郎

Leave a Reply

Your email address will not be published.