Naomi Wolf

The vulva, clitoris, and vagina are just the most superficial surfaces of what is really going on with us. The real activity is literally far, and far more complexly, under these tactile surfaces. The vulva, clitoris, and vagina are actually best understood as the surface of an ocean that is shot through with vibrant networks of underwater lightning – intricate and fragile, individually varied neural pathways. All these networks are continually sending their impulses to the spinal cord and brain, which then send new impulses back down through other fibers in the same nerves to produce various effects. This dense set of neural pathways extends throughout the entire pelvis, far underneath that outer vulvar skin and inner vaginal skin (though this last phrase too is not, medically, technically accurate: the skin inside the vagina is called, in one of the many unpleasant terms we have, to refer to something so lovely, mucous membrane or mucosa).

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

3 Responses to Naomi Wolf

  1. shinichi says:

    Vagina

    by Naomi Wolf

    An astonishing work of cutting–edge science and cultural history from one of our most respected cultural critics and thinkers, Naomi Wolf, author of the modern classic The Beauty Myth

    When an unexpected medical crisis sends Naomi Wolf on a journey to tease out the intersections between sexuality and creativity, she discovers—much to her own astonishment—an increasing body of scientific evidence that documents new insights about female sexual response. These breakthrough discoveries show that the vagina, clitoris, and labia—the female sexual centers—are not “merely flesh,” but directly affect the female brain, and that the female brain directly affects, in newly documented ways, the vagina and female sexual centers. The vagina thus has a fundamental relationship to female consciousness itself. Utterly enthralling and totally fascinating, Vagina draws on this set of insights about “the mind-vagina connection” to reveal new information about what women really need, on many different levels, and considers what sexual relationships—and a woman’s relationship to her self, as well as to her own desire and pleasure—transformed by these insights, may look like.

    A brilliant and nuanced synthesis of physiology, history, and cultural criticism, Vagina explores the physical, political, and spiritual implications for women—and for society as a whole—in this startling series of new scientific breakthroughs from a writer whose conviction and keen intelligence have propelled her works to the tops of bestseller lists, and firmly into the realm of modern classics.

  2. shinichi says:

    ヴァギナ

    by ナオミ・ウルフ

    アメリカを代表するフェミニストが自身の身体の変調をきっかけに、「ヴァギナ」とは何かという謎に迫る。

    女性がセックスで何を本当に必要としているか、またセックスが女性にどのように影響するか。この疑問から出発した旅は、歴史、文化、芸術を横断し、精神医学・脳科学といった科学分野、宗教学やタントラといった領野をも通り抜け、そして隠蔽されていた衝撃の真実を明らかにした!

    著者渾身のルポルタージュにして、「ヴァギナ」論の決定版!

  3. shinichi says:

    女性器は脳とつながっている/『ヴァギナ』

    by 鈴木裕也

    『ヴァギナ』ナオミ・ウルフ(青土社)

     男性と女性の性感の違いは生殖器周辺の神経網の配線による。男性の陰部神経の分布は単純で画一的だが、女性のそれは非常に複雑で変化に富んでいる。さらに、女性の陰部神経は太く骨盤神経とつながっており、骨盤神経は脊髄と直接つながっている。つまり、ヴァギナと脳はつながっている――。骨盤神経障害で体調を崩し、専門医を訪ねた著者がその事実を知って驚くところから本書は始まる。

     国際的ベストセラー『美の陰謀 女たちの見えない敵』で世界的フェミニストの地位を不動のものとした著者は、これをきっかけにして「ヴァギナとは何か」という謎に挑む。そして最新の脳科学や内分泌学、文学・歴史や文化・宗教、さらにはインドのタントラによる「女性の聖なるスポット」のマッサージまで、ヴァギナに関わるあらゆるジャンルを調べ、体験し、衝撃の真実に辿りつくまでをまとめたルポルタージュである。

     なかでも、女性のオーガズムが創造性と深く結び付いているという体験的直観を取材によって確かめていくくだりは出色だ。ヴァギナが脳の一部として働くことを確信した著者は、「あなたが女性としてすばらしいセックスを求めてドーパミン系を最大限にはたらかせれば、あなたの脳は高まったエネルギーと集中力を毎日の生活や、いまがんばっていることにもそそいでくれる」と断言する。そしてそこからセクハラや女性解放など、フェミニストとして関わってきたテーマを「ヴァギナ」という視点から考え直していく。特に、言葉によるセクハラが、なぜヴァギナにとって悪いストレスになるかについて書かれた部分は男性必読だ。

     そのように「ヴァギナ」を探る旅を続けた著者は、結論として「女神の身じたく」の必要性を説く。これまでのフェミニズムのモデルでは達成できなかった、女性の真の幸福と満足に到達できるとまで言う。ではその「女神の身じたく」とは何か――。ここでは書かないが、最新脳科学やタントラという古来の智恵でも示されている、女性の性と感情の幸福のために必要なことなので、ぜひ読んでほしい。カップルが、すれ違うことなく愛を深めるための参考書となっていることは保証できる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.