寺山修司

かなしくなったときは
海を見にゆく

古本屋のかえりも
海を見にゆく

あなたが病気なら
海を見にゆく

こころ貧しい朝も
海を見にゆく

ああ 海よ
大きな肩とひろい胸よ

どんなつらい朝も
どんなむごい夜も
いつかは終る

人生はいつか終るが
海だけは終らないのだ

かなしくなったときは
海を見にゆく

一人ぼっちの夜も
海を見にゆく

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 寺山修司

  1. shinichi says:

    かなしくなったときは

    by 寺山修司

    from 寺山修司少女誌集

Leave a Reply

Your email address will not be published.