小松雄介

体温まで伝わってきそうだ。乳がんなどで乳房を失った女性のために作られるシリコーン製の人工乳房。
国内でこれまでに延べ1万人以上が人工乳房を使用している。「笑顔になれるように」。伝統の技術で心に寄り添う。

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

One Response to 小松雄介

  1. shinichi says:

    1万人、きっと笑顔に

    <写真・文 小松雄介>

    https://mainichi.jp/articles/20180519/ddf/001/040/005000c

    体温まで伝わってきそうだ。乳がんなどで乳房を失った女性のために作られるシリコーン製の人工乳房。マエダモールド(愛知県常滑市)が、石こう型製造の技を生かした。

    かつては常滑焼用の石こう型がメインだったが、需要が低迷。前田一美事業部長が新事業を発案した。「患者さんにとって人工乳房はモノではない。一緒に生活する体の一部と思ってもらいたい」。直接肌の色や質感を確かめ、要望も聞き、リアルさにこだわる。

    乳がんは日本人女性のがんで最も多く、11人に1人が発症するという。複数のメーカーによると、国内でこれまでに延べ1万人以上が人工乳房を使用している。「笑顔になれるように」。伝統の技術で心に寄り添う。

    **

    マエダモールド

    http://www.maeda-mold.co.jp/body/index.html

Leave a Reply

Your email address will not be published.